【日本代表】W杯デビューの武藤嘉紀。「幼い時からの夢」を叶えたが、プレー内容には終始反省

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分たちの思っていたプレーはできなかった」

ポーランド戦でワールドカップデビューを果たした武藤。ゴールは奪えなかったが、次戦に向けてアピールした。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

[ロシアW杯グループH] 日本0-1ポーランド/6月28日/ヴォルゴグラード・アレーナ(ヴォルゴグラード)

 ポーランド戦でワールドカップデビューを飾った武藤嘉紀は試合後、「幼い時からの夢でした」と喜びを口にした。
 
 武藤は日本の2大会ぶりの決勝トーナメント進出に貢献したが、チームの勝ち上がり方は、実にギリギリだった。ポーランドに敗れたものの、同グループの一方の試合でコロンビアがセネガルに1-0で勝利したため、フェアプレーポイントの差で勝ち上がったのだ。
 
 難しい試合展開だったことを武藤は明かしている。
 
「とにかくまず失点しないこと。そこから勝ちに行くという気持ちで臨んだんですけど、思いもよらぬ形で失点してしまった。そこから他のチームの状況で、もう1点取りに行くよりしっかりと守り切ることを優先してしまって、自分たちの思ってるようなプレーはできなかった」
 
 当初予定していたプランが先制点献上によって崩れ、さらに他会場の結果により、戦い方を制限された。それでも「結果的にベスト16に入れたので、そこはすごいポジティブに考えなくてはならないのかなと思います」と、何より次のステージに進んだ結果を前向きに捉えている。
 
 武藤自身、再びアピールできるチャンスを得られた。「今日叶えられなかったゴールを、次に必ず果たしたいと思いますし、日本の勝利のために次の試合も全力を尽くしたいと思います」と意気込んでいる。

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ
【関連記事】
【日本0-1ポーランド|採点&寸評】ベスト16入りも、この試合に限ればギャンブル失敗の西野監督が最低点
【ロシアW杯】世界の“半端ない”美女サポたちに脚光!? SNSで「セクシーすぎる」と話題沸騰
「負けたのにフェアプレーのおかげで…」ドイツ紙は皮肉たっぷりに日本代表のGL突破を伝える【ロシアW杯】
「恥ずかしいサムライ」「心臓飛び出るよ」黒星もGL突破の日本代表にファンは賛否両論!【ロシアW杯】
「世界的な茶番だ」“フェアプレー”でGL突破を決めた日本代表に英メディアが嘆き!【ロシアW杯】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24