【長友佑都】「ズタズタにされたんでね」。金髪に込めた想いと癒されない“ある傷”

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年06月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長友の中で何かが弾けた結果──

金髪にした長友佑都。4年前のリベンジなるか。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2018年6月8日、0-2というスコア以上に実力の差を見せつけられたスイス戦の直後、長友佑都はミックスゾーンで厳しい表情をしていた。
 
「厳しいなというひと言ですね。これではワールドカップで勝てない。スイスももちろん良いチームですけど、それでもこの相手でもある程度やれなければ、やっぱりワールドカップは厳しいなって率直に思いますね」
 
 問題は負け方である。戦術やテクニック云々ではなく、根本的なところさえ日本ができていなかった点に、長友は納得できなかった。

「単純にクオリティが劣っているのは認めないといけない。ただ、僕を含めてもっと走れなかったのかなって。もっとガムシャラにプレッシャーをかけて、そこで剥がされたとしても二度追いをして、スプリントをして。一人ひとりが走っているのかと言われたら、走っていないんじゃないかなと思っている。ボールを取った時に、じゃあ誰がスプリントで裏を狙って走っているのか。それを続けているのかというところ。単純なところですけど、まずやっぱりサッカーは走らないと勝てない。走れないうえにクオリティで負けているんだから、勝てないですよね」
 
 長友の中で何かが弾けたのだろう。翌9日のオフを経て10日の代表練習で、ひとつの決意を示す。なんと、金髪にしてきたのである。「スーパーサイヤ人にやりたかったんですけど、ただのスーパーゴリラになった」と言って記者団の笑いを誘いながらも、その眼差しは真剣そのものだった。
 
「チームの雰囲気もそうですけど、自分自身の気分も変えたいなというところもあって。このワールドカップでやっぱり自分も世界に対してアピールしたいという気持ちもありますし、いろんな思いがあって金髪にしました」
 
 金髪の話題が一段落し、チームの現状についての話になると、長友の表情から笑みが消える。
 
「僕自身は相当危機感を持っている。このままだと普通にワールドカップで3戦全敗もあり得ると思う。だからこそ大きな危機感を持っている。もっと引き締めるところは引き締めないといけない」
 
 その危機感を払拭する意味でも、やはり根本的なところを見つめ直す必要がある。それが長友の主張だ。
 
「戦術とか言ってますけど、その前に戦えているかというところなんですよ。魂を持って本当に一人ひとりが戦って走っているのか、そこは自分自身にも甘さがあると思う。戦術ももちろん大事ですけど、逃げなのかなと。自分がスプリントで動けてないとか、自分が戦えてないから、だから戦術という方向に逃げに走っているという捉え方もあるんじゃないかと。まずは戦う、走る、そういう基本的な部分を見せたい」
 

Facebookでコメント

201806150903_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月13日発売
    これぞ最終確定版!
    ロシア・ワールドカップ
    出場23か国選手名鑑
    エントリー23人を完全網羅
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月7日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    出場全32か国
    完全選手名鑑
    グループリーグ大展望!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月21日発売
    ロシアW杯出場32か国
    全736選手のプロファイル
    &「夏の移籍」徹底展望
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24