【コラム】コロンビアも困惑中!? 謎の深まった西野Jがサプライズへのキーマンとすべきは?

カテゴリ:日本代表

加部 究

2018年06月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

序盤は日本のやり方を見極める時間が必要になったコロンビア。

パラグアイ戦では“バックアッパー”の選手たちが躍動。コロンビアに迷いを生じさせるには十分な勝利となった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 最大の収穫は、コロンビアのホセ・ペケルマン監督を困惑させたことかもしれない。

 Jリーグ開幕前夜のアマチュア時代の話だ。まだ日本は、韓国の遠い背中を眺めていた。だがある時、ユース代表戦で、日本が勝利を収めた。すると韓国は次の対戦でメンバーを総入れ替えして来た。日本側の現場スタッフは、すっかり怖気づいていたそうだ。
「やっぱり韓国は凄い。もっと力のあるメンバーを隠していたんですよ」

 すかさず団長は、弱気になったスタッフに喝を入れた。
「馬鹿!そんなわけないだろう。韓国だって負けたのが誤算だったんだ」

 ぺケルマン監督は日本サッカーに通じているので、スイス戦から10人のスタメンを入れ替えた日本が好パフォーマンスを見せたとしても、大きな驚きはないはずだ。むしろスイス戦後に西野朗監督が「バックアップ」と位置付けていた選手たちの潜在能力も、しっかりと把握していたに違いない。何しろぺケルマンは、4年前に日本に快勝した後でも「素晴らしい選手がたくさんいる国だ」と讃えていたほどである。

 だが少なくとも謎は深まった。肝心の本大会で、日本がどんなフォーメーションで、誰が出て来るのかが掴めない。当然である。それはこれから西野監督自身の難題になる。
 
creativeref:1101l20435
 読めないもの、不気味なものに直面すると、人は慎重になる。もちろんコロンビアにとっても大事な初戦なので、もともとキックオフから叩きのめしに来るような入り方はなかったはずだが、これで序盤は日本のやり方を見極める時間が必要になった。たとえテストマッチ最後の相手が、予選で敗退し新チームに移行したばかりのパラグアイだったとしても、その程度のインパクトはあった。4年前に対戦したコロンビアは、すでにリラックスした状態だったが、今回は確実に勝点3を持ち帰ることがノルマになる。

 西野監督の就任理由が「日本らしいサッカー」の実現だったことを考えると、好対照だった直近2試合の結果も踏まえ、バックアップ組を軸にした戦術、メンバー構成に傾くことは想像に難くない。ましてコロンビアが、多少なりとも慎重な入り方をしてくることを想定すれば、テンポ良くボールを動かせるラインナップで、早いタイミングで先制点を狙い、ポゼッションの時間を伸ばして相手の困惑を深めたい。
 

Facebookでコメント

201806150903_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月13日発売
    これぞ最終確定版!
    ロシア・ワールドカップ
    出場23か国選手名鑑
    エントリー23人を完全網羅
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月7日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    出場全32か国
    完全選手名鑑
    グループリーグ大展望!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月21日発売
    ロシアW杯出場32か国
    全736選手のプロファイル
    &「夏の移籍」徹底展望
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24