【西野語録】「THE END」ではない「ジエンド」って何?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年06月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ラージグループ」、「キャスティング」と独特の表現が多い

会見で独特の表現を使う西野監督。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表を率いる西野監督は練習の囲み取材や会見の席で独特の表現を使う時がある。その代表例が、「ラージグループ」、「トライ」、「キャスティング」というものだ。
 
 独特なので、時に「ん?」と思うこともある。例えば、スイス戦の前日会見である。西野監督がスイスの守備のやり方について述べている内容の一部が少し分からなかった。
 
「スイスのオーガナイズされた守備やプレッシングは非常に高いものがあります。それを回避して、ポゼッションを求めながら入れるかというところは明日トライしたいと思います。ただ、我々のジエンドに対してもスイスのプレスはかなり厳しい」
 
 どこに引っかかったと言えば、「ジエンド」である。最初耳にした時は「ん? “The END”? 終わりという意味?」とクエスチョンマークが頭の中に飛び回っていた。そして、その日の代表練習後のミックスゾーンで親交のある記者に「ジエンドって何?」と訊いてみると、「自陣のことですよ」と答えてくれた。
 
 ここでようやく理解できた。「ジエンド」は「自エンド」なんだと。「自エンドに対してもスイスのプレスはかなり厳しい」なら、確かに意味は分かる。
 
ちなみに、西野監督は敵陣のことを「敵エンド」と言っていた。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本代表いよいよロシアへ!

【日本代表PHOTO】ゼーフェルトのケーブルカーに乗って万年雪に触れてきた!

【日本代表PHOTO】日本4-2パラグアイ|乾が2ゴール! 西野ジャパンが W杯本大会前ラストマッチを勝利で終える

Facebookでコメント

201806150903_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月13日発売
    これぞ最終確定版!
    ロシア・ワールドカップ
    出場23か国選手名鑑
    エントリー23人を完全網羅
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月7日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    出場全32か国
    完全選手名鑑
    グループリーグ大展望!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月21日発売
    ロシアW杯出場32か国
    全736選手のプロファイル
    &「夏の移籍」徹底展望
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24