「ベティスがシナリオを書き換える!」長友佑都&乾貴士の左サイドがリーガで実現する!?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少しでも高く売りたいのがインテルの本音

ゴールを決めた乾(14番)を称える長友(5番)。このふたりがアンダルシアの地で共闘を果たすかも!? 写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 金髪に大胆イメチェンを図ったものの、ワールドカップ本番前最後のテストマッチ、パラグアイ戦で出番は巡ってこなかった。そんな長友佑都の周辺が、少しばかり騒がしくなってきたのだ。
 
 スペイン・アンダルシア地方の地元紙『Estadio Deportivo』が伝えたのは、セビージャの強豪ベティスの新たな動きだ。デンマーク代表の左SBリザ・ドルミンに移籍の噂が絶えないなか、その後釜探しに着手したという。白羽の矢を立てたのが、なんと長友。同紙は「ベティスがシナリオを書き換えるかもしれない」と綴っている。
 
 現在、インテルからガラタサライへの完全移籍交渉が難航中。ミラノの名門はUEFA(欧州サッカー連盟)からファイナンシャル・フェアプレーの抵触を指摘されており、6月末までに4000万ユーロ(約52億円)の自己資金を捻出しなければならない。主力選手やレンタル保有選手、さらには若手有望株の売却などで目途を立てている。もはや長友の放出は既定路線ながら、定まらないのがその買い取り額。300~500万ユーロ(約3億9000万~約6億5000万円)の間で折衝が続けられてきた。

 
 タイムリミットが近づいているとはいえ、インテルとしては少しでも高く売りたいのが本音。そこに割って入ろうとしているのが、ベティスである。すでに今夏の補強で、エイバルから乾貴士を獲得した。公式SNSで特別動画とともに入団を発表した際は、日本からの尋常ではない引き(=人気)に驚愕しただろう。2人目の日本人選手獲得を狙いにいったとしても、なんら不思議ではない。
 
 長友自身はガラタサライとイスタンブールへの愛着を公言し、インテル側にも完全移籍の希望を伝えている。だが、ベティスの左サイドで日本代表の僚友とコンビを組むのもまた──。急転直下の展開があるかもしれない!?
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月25日号
    10月11日発売
    日本代表・総力特集
    中島、堂安、南野──
    新ビッグ3に成り上がれ!!
    クラブダイジェストは湘南!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月18日発売
    総勢62名のエキスパートが投票!!
    U-29限定ポジション別
    「タレントランキング」
    次代トッププレーヤーの新序列
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24