【日本代表】大島僚太が分析する“西野流”。ベンチで見守ったパラグアイ戦で感じたのは?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「見ておく必要がある」と語ったあるチームメイトの動き

パラグアイ戦には出場しなかった大島。ベンチでは本田の横に座り、戦況を見守った。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[親善試合]日本4-2パラグアイ/6月12日/チボリ・シュタディオン
 
 6月12日にパラグアイとのテストマッチを戦った日本代表は、4-2で西野体制初勝利を挙げた。ガーナ戦とスイス戦に先発した大島僚太は、この一戦に出場しなかったが、ベンチでチームメイトのパフォーマンスを分析し、ある発見があったという。
 
「攻撃に関しては1点目の場面で(昌子)源が持ち運んで、ワンタッチでトントンっていうのは(昌子の縦パスを香川真司がワンタッチで乾貴士に送り、ドリブルで切れ込んだ乾がゴールを決めた)、やっぱりワンタッチだったら相手がいても捕まらないと感じました。
 
 あとは、自分が出ている時もディフェンスラインに近いところまで落ちて受けるシーンがありますが、岡崎(慎司)さんはすぐ抜けるというよりは、一個溜めて背後に抜ける場面が結構あったので、そこは見ておく必要があると思いました」
 
creativeref:1101l20435
 また西野朗監督のやり方も徐々に理解できているという。
 
「今日に関しては、相手が上手かった時のFWのポジション、全体のラインの高さ、プレスに行く高さは場合によっては下げてもいいと言っていましたし、そこは段々と形にしていこうとしているのかなと思います。
 
(6月8日の)スイス戦もそうですし、今日もそうですけど、対戦する相手によってバリエーションは違うので、いろんな相手に得策な方法を監督が導くのかなと。それをいろんな選手が意見を出しながら詰めていくのが西野さんの形なのかなとは感じています」
 
 ちなみに大島はスイス戦で腰を打撲したが、「日に日にというか、良くなっていると思います」と復調に向かっているという。今後はコロンビア戦に照準を合わせながら「まずは1日でも早く合流したいですけど、無理はしないで治ったら合流という感じ」と、調整を続けていくようだ。
 
【日本代表PHOTO】日本4-2パラグアイ|乾が2ゴール! 西野ジャパンが W杯本大会前ラストマッチを勝利で終える

【写真】美しくて可愛い! W杯スターの「美女パートナー」たち

Facebookでコメント

201806150903_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月13日発売
    これぞ最終確定版!
    ロシア・ワールドカップ
    出場23か国選手名鑑
    エントリー23人を完全網羅
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月7日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    出場全32か国
    完全選手名鑑
    グループリーグ大展望!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月21日発売
    ロシアW杯出場32か国
    全736選手のプロファイル
    &「夏の移籍」徹底展望
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24