「悲惨なダメージを負わされた」パラグアイ紙が4発快勝の西野ジャパンを讃える!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2ゴールを挙げた乾を絶賛!

随所で切れのある動きを披露した乾。圧巻の2ゴールで西野ジャパンに初勝利をもたらした。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現地時間6月12日、オーストリアのインスブルックで行なわれたパラグアイ戦は、日本代表の4-2快勝に終わった。乾貴士の2ゴールに香川真司がダメを押すなど、西野ジャパンはロシア・ワールドカップ前最後のテストマッチでようやく初白星を掴んだ。

 6月8日のスイス戦後には、地元紙『Tagblatt』から「日本はイージーすぎた」と酷評されたが、今回の対戦相手であるパラグアイの地元メディアは、サムライブルーに対してポジティブな評価を下した。

 首都アスンシオンを拠点に展開している全国紙『Deportes Paraguay』は、「我々パラグアイは後半にパフォーマンスを低下させたため、悲惨なダメージを負わされた」と報じた。そして後半の日本、とりわけ2ゴールを挙げた乾のパフォーマンスを絶賛。「イヌイは後半開始から間もない51分に同点のチャンスを活かした。パラグアイはこの警告のベルが鳴っても目覚めず、62分に再びイヌイに痛手を負わされたのだ」と母国代表チームを断じている。
creativeref:1101l20435
 ワールドカップ敗退組のパラグアイにとっては、さほどモチベーションの高い試合ではなかっただろう。とはいえ、伝統的な堅守が崩壊し、4失点を喫した事実は看過できない失態だ。同紙は以下のように論調を続けた。

「試合終了間際にオルティスとカガワがそれぞれ点を奪いあった。日本も間違いなく体力を消耗していたはずだ。だがその状況下でもパラグアイの選手たちは奮い立たず、ただ最後まで狼狽えるばかりだった。日本にとってロシア・ワールドカップ前最後のリハーサル。そのゲームで浮き彫りとなったのは、我らがラ・アルビロハ(代表チームの愛称。白と赤の意)は一日も早く再建に着手しなければいけないという現実が将来を見据えて競争力のあるチームを、いまこの瞬間から作っていかなくてはいけない」

 強豪パラグアイのメディアを愕然とさせるほど、会心の勝利を飾った西野ジャパン。浮かれている場合ではないが、6月19日のコロンビア戦に向けて、弾みをつける白星となったはずだ。

【日本代表PHOTO】日本4-2パラグアイ|乾が2ゴール! 西野ジャパンが W杯本大会前ラストマッチを勝利で終える

【PHOTO】ゼーフェルトのケーブルカーに乗って万年雪に触れてきた
 

Facebookでコメント

201806150903_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月13日発売
    これぞ最終確定版!
    ロシア・ワールドカップ
    出場23か国選手名鑑
    エントリー23人を完全網羅
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月7日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    出場全32か国
    完全選手名鑑
    グループリーグ大展望!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月21日発売
    ロシアW杯出場32か国
    全736選手のプロファイル
    &「夏の移籍」徹底展望
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24