【浦和】圧巻の2ゴールも実らず。ショッキングな敗戦に興梠慎三は「僕らの力はこんなもの」

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年06月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「キツイ1点」。27分の失点で試合の流れは変わった

重要な一戦で2ゴールを奪った興梠。しかし結果には結びつかなかった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[ルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦]浦和2-1甲府/6月9日/埼玉
 
 ルヴァンカップのプレーオフステージ・第1戦で甲府に0-2で敗れていた浦和は、6月9日の第2戦では2-1と勝利した。だが2戦合計スコアで2-3と甲府を上回れず、ノックアウトステージ進出を逃した。
 
 逆転には3点差以上が必要だったゲームで、浦和はまずまずの立ち上がりを見せた。19分には興梠慎三が地を這うようなミドルを叩き込み、頼れるエースは5分後に華麗なループも沈めたのだ。
 
 しかし「キツイ1点でした」と、興梠が振り返った27分の失点が、チームの首を絞めた。貴重なアウェーゴールを与えたため、勝ち上がりにはさらに2点が必要な状況に追い込まれ、後半は焦りからかミスを連発。今季はJ2を戦う相手を崩せずに、消化不良のまま試合を終えた。
 
 興梠は「甲府は守るというところを昔から練習しているのかなと感じるほど、良かったです。完全に後半は走り負けました」と、後半に限っては完敗を認める。さらに「時間が経つにつれて(CBの)マウリ(マウリシオ)も上がってきたが、そういう練習をやっていなかったので、いざ本番でやるとなると難しかった」と、チーム戦術のチグハグさも露見した。
 
 それでも「J2と言っても力があるチームだと感じますし、もちろん負けてはいけない相手かもしれませんが、僕らの力はこんなものだと思うしかないです。練習あるのみです」と冷静に振り返る。
 
 早くもタイトル獲得の可能性をひとつ失なったが、今は前を向くしかないのかもしれない。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【画像】イニエスタの愛妻も!「美人すぎる」ロシアW杯ビッグスターの妻&恋人たち

【PHOTO】浦和レッズを応援する美女サポーターたち
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24