【ルヴァン杯】清水3発快勝も及ばず… 首位の磐田に敗れた甲府が2位を確保!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甲府は敗れるも同勝点の清水との直接対決で上回る。

甲府は磐田に敗れたが、大会レギュレーションにより清水を上回ってプレーオフステージへ。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 Jリーグは5月16日、ルヴァンカップのグループステージ最終節が各地で行なわれ、グループBは磐田と甲府がプレーオフステージ進出を決めた。

 札幌厚別公園競技場では、札幌対清水の一戦が行なわれ、清水の攻撃力が爆発。0-0で迎えた48分、鄭大世がPKを獲得すると、自らこれを沈めて先制。その3分後には長谷川悠がヘディングシュートをねじ込み2点目を奪う。勢いが止まらない清水は68分にもミッチェル・デュークがダメ押しの3点目を奪い、3-0で清水が敵地で勝利を収めた。

 一方、山梨中銀スタジアムでは、甲府対磐田が行なわれ、アウェーの磐田が先制。開始8分、FW小川航基のシュートのこぼれ球に反応したDF櫻内渚が押し込んだ。結局、この1点が決勝点となり、磐田が敵地で勝利を収めた。

 この結果、勝点を12に伸ばした磐田が首位でグループステージを突破。勝点10で甲府と清水が並んだが、当該チーム同士の直接対決の結果で、1勝1分けと上回った甲府が2位になり、プレーオフステージ進出を決めた。

 プレーオフステージで磐田は、グループB2位のG大阪と対戦。一方の甲府はグループC1位の浦和と対戦することとなった。プレーオフステージは6月2日、同9日に行なわれる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24