「絶対に忘れない」「泣いた」チェンバレンの“神対応”にリバプール・ファンが感嘆! 一体何が?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「心が壊れそうだった」リバプール・ファンを救ったチェンバレン。

チェンバレンと一人のサポーターとの間に生まれた交流が話題を呼んでいる。 (C) Getty Images

画像を見る

 サッカー・ファンであれば誰しもが、贔屓チームがチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝を戦うとなれば、現地で応援したいと願うものだ。世界最高峰の大会の頂点を決める一戦とあり、そのプラチナチケットを手に入れるのは容易ではない。

 リバプールの大ファンであるジョーさんも、そんなひとりだ。

 英国国営放送『BBC』によると、ジョーさんは4歳の息子と自身の父親のために決勝の地キエフへの便を予約していたが、割り当てられた1万6000枚のチケットの抽選に外れてしまったという。

「ベストを尽くしたけど、どんな道をたどってもゲットできなかった。壁にぶち当たり続けていた。正直、心が壊れそうだったよ。でも、チケットがなくても現地に行こうとは思っていた」

 すると、ある日の早朝、携帯電話をチェックしたジョーさんの下に、思いもよらぬメッセージが舞い込んでくる。なんとリバプールのアレックス・チェンバレンが、彼らのためにチケットを2枚用意したというのだ。 
 

 両者の間には、すでに交流があった。というのも、先月のマンチェスター・シティ戦で、チェンバレンがジョーさんの息子を抱き上げ、ユニホームをプレゼントしていたのだ。そのイングランド代表MFが、今回の件をSNSで知り、インスタグラムを通じて「チケットを用意した」と伝えてきたという。

 ジョーさんは、「メッセージを呼んで泣き出してしまった。それを認めるのは恥ずかしくない。私と息子のために彼がしてくれたことが信じられなかったんだ」と、感動を露にした。

「私たちにとってどれほどのことか、言葉で言い表すこともできない。息子は決してこのことを忘れないだろう。絶対に忘れないはずだ」

『BBC』によると、ジョーさんの父親も友人を介してチケットを入手しており、リバプールをこよなく愛する一家は4歳の息子にとって初の“欧州遠征”を楽しめることになった。ジョーさんは「とても謙虚な人で、自分の行為がいかに立派なのかも気づいていないくらいだ」と、チェンバレンに謝辞を述べている。

「品格がにじみ出ているよ。私と息子にとってどれほどの意味か、彼は分からないことだろう。彼の気前の良さに、私たちは本当に感謝しているんだ」

 チェンバレン自身は、CL準決勝で膝の靭帯を損傷する大怪我を負ったため、ファイナルにも、ワールドカップにも出場できなくなった。そんなキャリアにおける最も大事な局面で悲劇に見舞われたにもかかわらず、彼がファンに見せた“神対応”は、まさにプロの鑑と言えるのではないだろうか。
 

Facebookでコメント

201805081216_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    4月20日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    観戦ガイド
    初心者も上級者も楽しめる
    デイリーガイド&選手名鑑!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24