藤本が50m超弾、天野が絶妙FK!ゴラッソ応酬の横浜×G大阪は痛み分けのドローに

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふたつのゴラッソは見応え十分!

天野(14番)が絶妙な直接FKを叩き込み、試合を振り出しに戻した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ14節]横浜1-1G大阪/5月12日/日産ス
 
 J1リーグ14節の横浜対G大阪が12日、日産スタジアムで行なわれ、1-1の引き分けに終わった。
 
 試合は文字通りエキサイティングだった。

 まずは52分、G大阪の藤本が超ロングシュートを沈める。センターサークル付近でボールを持ったレフティは、しっかりとGK飯倉のポジションを見極めて左足を強振。鮮やかな放物線を描いたボールが、前に出ていた飯倉の頭上を越えてネットに収まった。50mを超える会心の一発は、藤本にとっての今季初得点。このゴールでG大阪が先手を取る。
 
 対する横浜は、失点の9分後に得たセットプレーのチャンスで天野純が魅せた。ペナルティエリア付近のFKでキッカーに立ったレフティが狙い澄まして左足を振り抜くと、絶妙にコントロールされたシュートがニアサイドの上を強襲し、日本代表のGK東口順昭の手をすり抜けてゴールネットを揺らした。

 試合はその後、お互いにチャンスを作るも、最後の詰めを欠いて1-1で終了。15位・横浜と16位・G大阪の直接対決は痛み分けに終わったが、ふたつのゴラッソは見応え十分だった。

Facebookでコメント

201805081216_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    4月20日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    観戦ガイド
    初心者も上級者も楽しめる
    デイリーガイド&選手名鑑!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24