【ACL展望】広州恒大×C大阪|決勝T進出を懸けた大一番も主軸は帯同せず… チーム力が問われる戦いに

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リーグ戦から中2日の大一番。さらに中3日で「大阪ダービー」の大一番が続く

故障者/C大阪=オスマル、ソウザ、田中裕、秋山、澤上
出場停止/C大阪=なし

画像を見る

ACLグループステージ最終節
広州恒大 セレッソ大阪
4月17日(火)/20:00(日本時間)/広州天河スポーツセンタースタジアム
 
【最新チーム事情】
●自力突破のためには勝利が必須。
●過密日程の中でキム・ジンヒョンや丸橋、山口、清武、高木、柿谷らは遠征メンバー外。
●直近のリーグFC東京戦からスタメンは大幅変更へ。マテイ・ヨニッチは継続して先発か。
●山田や米澤、舩木らがメンバー入り。若手の活躍にも期待が懸かる

【担当記者の視点】
 C大阪にとってはグループリーグ突破を懸けたアウェーでの大一番。勝てば無条件で勝ち上がれる状況ながら、直近のリーグFC東京戦から中2日、かつ広州恒大戦から中3日でG大阪とのダービーマッチを控えていることから、ユン・ジョンファン監督は大幅なメンバー変更を決断した。
 
 FC東京戦に先発していたキム・ジンヒョン、丸橋、山口、高木、柿谷に加え、復帰して時間の経っていない清武らが遠征メンバーから外れた。代わって入ったのが若手の山田や米澤、舩木、永石、かつベテランの茂庭や酒本ら。真の意味でチーム力が問われる戦いとなりそうだ。
 
 第5節のホーム済州戦(4月3日)では、直近のリーグ戦から先発8人を入れ替えながらも2対1で勝ちきっただけに、戦える手応えはある。その試合で最終ラインを束ねたマテイ・ヨニッチは今回の遠征もメンバー入り。国際Aマッチによる中断期間が明けてから5連戦全てにフル出場しているものの、代えの利かない存在だけに、再びスタメンに名を連ねる可能性がある。
 
 勝てば無条件で突破、引き分け以下なら同時刻に行なわれる済州対ブリーラム戦の結果次第となる。相手は攻撃陣にタレントを揃える広州恒大だけに、まずは守備で我慢を続けながら勝機を見出していくことが予想される。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24