W杯出場へ最後の一手は…なでしこ高倉監督「本当はアグレッシブに行きたかったが」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前半から厳しい戦いを強いられるも、見事な崩しで先制!

なでしこジャパンを率いる高倉監督。日本を8大会連続のW杯出場に導いた。(C) Getty Images

画像を見る

[女子アジア杯]日本1-1豪州/4月13日/ヨルダン・アンマン
 
 なでしこジャパンがグループステージ最大の難関をドローで切り抜け、8大会連続のワールドカップ出場と準決勝進出を決めた。

 
 試合後のフラッシュインタビューに応じた高倉麻子監督は、前半立ち上がりから押し込まれた厳しい試合について、「まあ、そういう展開は予想していたし、“我慢”というところでみんなよく耐えてくれた。後半、相手の足が止まって1点取れたところまではプラン通りだった」と振り返る。
 
 終盤の86分に追いつかれて、結局はドローという結果に終わったが、「引き分けは残念ですが、(ワールドカップの)出場権を獲れましたし、ここからまた優勝を目指して頑張っていきたい」と、まずは最低限のノルマである来年開催のワールドカップ出場権の獲得に安堵した表情を見せた。
 
 また、同点に追いつかれてからの約5分間、日本は最終ラインでのボール回しに終始して引き分けに持ち込んだが、これは順位決定のレギュレーションを意識してのもの。当該3か国(日本、オーストラリア、韓国)の成績で、韓国は2分けで総得点がゼロ。日本とオーストラリアが1対1のまま引き分ければ、互いに2分けで総得点が1となり、韓国を上回ってグループステージ突破とワールドカップ出場が決まるシチュエーションだった。
 
 高倉監督は、同点ゴールを奪われた際に、タッチライン際でボランチの阪口夢穂に指示を出し、引き分け狙いの戦いにシフトさせているが、このラスト約5分間の駆け引きについて、指揮官は次のように述べている。
「勝点計算をこっちでしていたので、本当はアグレッシブに行きたいところでしたけど、まずは出場権をしっかり勝ち取るというところで、ああいう指示を出しました」
 
 最後は指揮官による現実的な選択で、まずは最低限のノルマを達成した日本。続く準決勝では、グループAを1位で通過した中国と対戦する。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    7月19日発売
    永久完全保存版!
    ロシアW杯
    大会総集編
    全64試合を徹底レビュー
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月26日号
    7月12日発売
    総力特集
    躍進!! 日本代表
    世界16強の軌跡
    乾&集合写真ポスター付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月19日発売
    ロシアW杯
    出場32か国の
    通信簿
    欧州開幕直前企画も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24