杉本健勇が値千金の決勝弾!C大阪が開幕5戦目で待望の今季リーグ初勝利!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公式戦では8試合ぶりの勝利!湘南戦・途中出場のエースが僅か10分で大仕事!

杉本の代役としてピッチに立ったヤン・ドンヒョンも13分に先制弾を決めた。写真:川本学

画像を見る

 31日にJ1リーグの5節が行なわれ、今季未勝利のC大阪はホームに湘南を迎えた。
 
 ACLではノックアウトステージ進出圏内の2位に付ける桜軍団だが、リーグ戦では開幕から勝ち切れない試合が続く。
 
 浮上のきっかけを掴みたいC大阪は、元韓国代表FWヤン・ドンヒョンを先発に起用。日本代表の欧州遠征から合流して間もない杉本健勇をベンチに置き、リーグ戦初勝利を目指した。
 
 すると、このユン・ジョンファン監督の采配が見事に的中。13分にヤン・ドンヒョンがゴール前にボールを持ち出すと、左足で鮮やかにネットを揺らした。
 
 リードを奪ったあともアグレッシブな姿勢で2点目を狙いにいったC大阪。しかし、36分に一瞬の隙を湘南に突かれ、大野和成の左クロスから岡本拓也に技ありのシュートで捻じ込まれてしまう。
 
 タイスコアで迎えた後半もC大阪は、湘南のプレスを何とか掻い潜ってゴール前にボールを運ぶ。だが、肝心なところでフィニッシュの精度を欠き、なかなか勝ち越し点が奪えない。
 
 煮え切らない展開にC大阪は76分に高木俊幸を下げ、ついに杉本を投入。勝利を奪うために指揮官が執念の采配を見せると、最前線に入った桜軍団のエースが僅かな時間で大仕事をやってのける。

 86分に松田陸のロングフィードに抜け出した杉本が右サイドからペナルティエリア内に切れ込み、迷うことなく左足を一閃。これがネットに突き刺さり、値千金の決勝弾を決めた。

 杉本の3試合ぶりとなるゴールで歓喜の瞬間を迎えたC大阪は、今季リーグ戦初勝利。ACLを含めた公式戦でも8試合ぶりとなる勝点3を掴み、3日のACL5節・済州戦に向けて弾みを付ける結果となった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24