「本当に愉快なナイスガイだ!」長友佑都がクラブ機関誌の表紙を“衝撃のポーズ”で飾る!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウミト・ダバラのことはよく覚えています」

ガラタサライのファンブックで表紙&巻頭インタビューを飾った長友。今回の移籍にまつわるエピソードや2002年W杯時の思い出トークも。(C)Getty Images

画像を見る

 トルコの名門ガラタサライが3月12日に公式ツイッターを更新。クラブの機関誌である『Galatasaray Dergisi』の新刊発行をファンにお知らせするとともに、表紙画像を公開した。なんと日本代表DF長友佑都が、ご自慢の“お辞儀ポーズ”で登場! 巻頭にスペシャルインタビューが掲載されているようだ。
 
 この衝撃画像を見たファンからは「本当に愉快なナイスガイだ!」「どんな話をしているのか興味深いね」との投稿が寄せられた。するとクラブはすぐさま、インタビューの一端を公開。長友の貴重な言葉をアップロードした。
 
 そのなかで、ガラタサライを選んだ理由をあらためて問われた長友は、こう答えている。
 
「ここに来た理由のひとつは、ガラタサライがビッグクラブであり、よく知られた歴史的なクラブだからです。もうひとつは、ファティム・テリム監督の存在も大きかったですね。彼はとても優秀な監督であるだけでなく、素晴らしい人物でもありますから。僕はイタリアで7年間を過ごしました。イタリア以前に外国で暮らしたことはなかったので、いろいろと考えるところはありましたよ。異なる言語、異なる文化、異なる人びと……でも、1週間で適応できちゃいましたね!」
 
 移籍を決断する前には、かつてガラタサライに所属した名手たちに相談したという。そのメンツはなんとも豪華絢爛だ。
 
「マンチーニ、(フェリペ・)メロ、スナイデル、アレックス・テレスと話をさせてもらって、ポドルスキにはメッセージを送りました。そのうちマンチーニ、メロ、スナイデルの3人は、こう言ってくれましたよ。『ガラタサライは完璧なクラブで、(イスタンブールは)本当に美しい街だ。オファーを受けたほうがいい』と」

 
 そして、こんな回答もしている。おそらくは「印象に残っているトルコ人選手は?」、あるいは「最初に知ったトルコ人選手は?」と訊かれたのだろう。長友は16年前の記憶をさかのぼるのだ。
 
「最初は、ウミト・ダバラですね。彼は2002年のワールドカップで日本代表を相手にゴールを決めたので。僕はあの試合を観ていたから、あの日のことはよく覚えているんです」
 
 今冬のガラタサライ入団以降、リーグ戦は6戦連続のフルタイム出場中で、目下2戦連続でアシストをマークしている。チームの首位堅持に小さくない貢献を果たしており、自身の公式ツイッターを含め、早くも地元ファンからの厚い支持を得ているのだ。
 
 ちなみにこのファンブックは日本にいながらにしても購入可能。当然のことながら、全編トルコ語で構成されているので要注意!

Facebookでコメント

201805261224_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24