「やはりタダ者ではない!」19歳になったあの天才アタッカーが強豪相手に鮮烈弾!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「怪物のような一撃をお見舞いした」

アヤックス戦でゴラッソを蹴り込んだウーデゴー。神童と謳われた青年は19歳となり、身長は180センチ近くまで伸びた。(C)Getty Images

画像を見る

 ノルウェー代表の天才アタッカーが、目の覚めるようなスーパーミドルを突き刺した。現在レアル・マドリーから、日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンに貸し出されているMF、マルティン・ウーデゴーだ。早いもので、19歳になった。
 
 ゴラッソが炸裂したのは、現地時間3月11日のオランダ・エールディビジ27節、アヤックス戦だ。0-1で迎えた33分、ゴール正面25メートルの位置でパスを受けたウーデゴーは、軽く左に持ち出すと自慢の左足を強振! これが鋭いスライダー回転のかかった豪快弾となってゴール右隅に突き刺さった。一時はこのゴールで同点に持ち込んだヘーレンフェーンだったが、試合は強豪に力の差を見せつけられて1-4の完敗に終わる。それでも、ウーデゴー自身は鮮烈なインパクトを残した。

 
 ノルウェー全国紙『Dagbladet』は「ウーデゴーがアヤックス戦でドリームゴール」と題し、「相手キーパーはフルストレッチで手を伸ばしたが届かなかった。まさに完璧なミドルシュートで圧巻の一語に尽きる」と褒め称えた。さらにオランダのサッカーサイト『Voetbal International』は「ノルウェー人が怪物のような一撃をアヤックスにお見舞いした。あんなゴールを決めるのだ、やはり(ウーデゴーは)タダ者ではない」と絶賛している。
 
 地元ストレームスゴセット時代の2014年夏に、ノルウェー代表デビュー。15歳253日という同代表歴代最年少記録を更新し、世界をあっと驚かせた。およそ半年後の15年1月にレアル・マドリーに引き抜かれ、将来を大いに嘱望されたが……。在籍2年半でのトップチーム出場はわずか1試合で、大半はBチーム(R・マドリーカスティージャ)でプレー。伸び悩みを指摘されるようになり、17年1月にヘーレンフェーンへのレンタル移籍を決意する。
 
 入団直後はスーパーサブの域を出なかったが、2年目の今シーズンはユルヘン・ストレッベル監督の信頼を見事に勝ち取り、右サイドで定位置を確保。切れのあるパフォーマンスを連発してきた。アヤックス戦でリーグ戦2点目を決め、歓喜を爆発させたのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月25日号
    10月11日発売
    日本代表・総力特集
    中島、堂安、南野──
    新ビッグ3に成り上がれ!!
    クラブダイジェストは湘南!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月18日発売
    総勢62名のエキスパートが投票!!
    U-29限定ポジション別
    「タレントランキング」
    次代トッププレーヤーの新序列
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24