「なぜフランス語を話さない?」マルセイユ酒井宏樹は報道陣の意地悪な質問にどう答えた?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チームの核が「活躍できてるのはヒロキのおかげ」と激賞

入団2年目のマルセイユで充実の日々を送る酒井宏樹。サポーターやメディアとの関係も良好のようだ。(C)Getty Images

画像を見る

 マルセイユの日本代表DF、酒井宏樹が日曜日のトゥールーズ戦を前にした記者会見に臨み、報道陣とユーモア溢れるやりとりを繰り広げた。
 
 まずは今シーズン、本来の右SBだけでなく左SBでの出場も増えているが、かなり慣れてきた印象を受けると投げかけられると、「そう思っていただけるのは嬉しいですけど、自分としてはぎこちない。右と左とでは全然違いますからね。もっと高いレベルにしないといけない。チームの事情もあるので、そこは覚悟してやっています」と回答した。
 
 さらに、チームの攻撃の核であるフロリアン・トバンが「今シーズンの僕が(右サイドで)活躍できているのはヒロキが守備面でカバーしてくれているからだ」と称えたことを伝え聞くと、にっこり笑い、「フロー(トバンの愛称)はそう言ってくれるけど、間違いなく彼の能力があってこそ。でもサイドバックとしては一番幸せな言葉だと思う」と照れた。

 
 会見は終始通訳を介して行なわれたが、記者からは「毎回訊いてるけど、いつになったらフランス語で応対するんだい?」という意地悪な質問も。だだこれも、話し手と聞き手の信頼関係があってのものだ。酒井は笑顔を見せながら、「自分の思っていることがみなさんに100%伝わることが大事だと思っているので、このまま日本語で続けていければと思います」と、やんわり返した。
 
 日本代表の一員として挑むロシア・ワールドカップへの展望についてはどう?
 
「僕らはフランス代表と違ってチャレンジャーなので、とにかく相手をリスペクトしたうえで、相手に挑んでいくという戦い方を見せて、そのうえで成功できればいいかなといまは思っているので、全力で挑んでいきたい」
 
 先日のイベントで、日本代表の先輩である中田英寿氏が「ワールドカップで日本はグループリーグを突破しなければならない」と話したことを問われると、「もちろんやるからにはかならず最高の結果を望みたい。日本のレジェンドがそのように言ってくれるのであれば、すごく嬉しいことですね」と語った。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24