【湘南】「これで有頂天にはなれない」石川俊輝が決勝ゴールを決めても冷静でいる理由

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2018年02月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年が石川にとってひとつのターニングポイントに。

5年目を迎えた石川が、開幕戦で幸先の良いシーズン初ゴールをマーク。今季に懸ける想いの強さを口にした。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ1節]湘南2-1長崎/2月24日/BMWス
 
 湘南ベルマーレがJ1開幕節の長崎戦に勝利し、上々のスタートを切った。1-1で迎えた80分に、値千金の決勝ゴールを決めたのは、石川俊輝だった。
 
 石川は、アレン・ステバノヴィッチに代わって後半から途中出場
「出ている選手のパワーに負けないで、むしろそれ以上のパワーを持って入ることを強く意識していましたね。出た時になんで交代したんだと思われてしまうので。積極的に行こう、と思っていました」
 前半はベンチで戦況を見守りながら、交代に備えてそう気持ちの準備をしていたという。
 
 ゴール前で構え、FKのこぼれ球にいち早く反応して挙げた決勝点は、まさに攻撃的な姿勢が表われたものだった。「やっとJ1で点が取れた。40試合以上かかりました。入って良かったです」と試合後には喜びを口にする。J1通算47試合目でようやく決めたゴールだった。
 とはいえ、「これで有頂天にはなれない」と落ち着いている。「そんなにJ1は甘くないことを、これまで痛感させられている」からだ。2015年、16年をJ1で戦った石川にとって、とりわけ16年シーズンは、ひとつのターニングポイントとなった。プロ3年目で主力へと成長を遂げ、キャリアハイの31試合に出場したシーズンだ。
 
「一昨年はシーズンを通して出れた。でも、そのせいでどこか浮ついているというか、気持ちの部分でもまだまだ未熟だった。結果的にJ1の舞台で何もさせてもらえなかったことが心に残っている」
 チームはその年、J2に降格した。レギュラーの座を掴んだ一方で、勝利に貢献できなかったもどかしさもあるのだろう。
 
 それだけに、“3度目の挑戦”となる今季に懸ける想いは相当に強い。
「一昨年の経験は大きい。その時の悔しさを繰り返さないために、より強い気持ちを持ってやりたい」
 
 昨季は、意識的にゴール前へと飛び出す動きを増やしてプレーの幅を広げると、J2でプロ初ゴールも決めた。“ここぞ”という場面で決定機に絡む攻守に働ける選手へと進化を遂げた。満を持して挑む再びのJ1の舞台、石川は“リベンジ”に燃えている。

【湘南 2-1 長崎 PHOTO】湘南が昇格組対決を制す!
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月27日号
    9月13日発売
    2018年 J1リーグ
    “最新”クラブ番付
    8項目から勢力図を探る
    川崎ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月20日発売
    2018-19シーズン完全ガイド
    CL新時代。
    出場32チーム名鑑
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24