【ACL】2度の決定機はノーゴールの判定…連勝狙ったC大阪は広州恒大とスコアレスドロー

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終盤に猛攻撃を仕掛けたC大阪だったが…

山口蛍は攻守で存在感を発揮したが、チームを勝利に導けず。(C)Getty Images

画像を見る

 21日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のセレッソ大阪対広州恒大(中国)が大阪長居スタジアムで19時から行なわれた。
 
 C大阪は負傷した清武弘嗣が欠場となり、杉本健勇と柿谷曜一朗はベンチスタート。そのため、初戦の済州戦からメンバーが変更となり、高木俊幸が左サイドハーフ、ヤン・ドンヒョンと山村和也が最前線で2トップを組んで試合に臨んだ。
 
 試合は序盤から元イタリア代表のカンナバーロが率いる広州恒大に苦戦を強いられる展開に。元セレソンのリカルド・グラールを軸に攻め込まれると、ペナルティエリア内に侵入される回数が増えていく。18分には決定機を作られ、リカルド・グラールのパスを受けたアランにあわやというシュートを放たれた。
 
 しかし、C大阪も反撃。山村とヤン・ドンヒョンが前線でボールを収められるようになると、ゴール前にボールを運べる回数が増えていく。スコアレスで折り返した後半も攻撃を跳ね返しながら、ソウザや山口蛍のロングフィードを起点に水沼宏太などが果敢にゴールを狙った。

 さらに攻勢を仕掛けたいC大阪は75分に高木を下げ、柿谷を投入。アタッカーの入れ替えで攻撃の活性化を狙った。すると、76分にヤン・ドンヒョン、78分にはソウザがネットを揺らしたかに見えたが、これはそれぞれオフサイドとタッチラインを割っていた判定でノーゴールに。83分には杉本をピッチに送り込んで前線の枚数を増やしたが、最後まで得点を奪えず。C大阪は初戦の済州戦に続く勝利を掴むことが出来なかった。

 ホームで戦った2戦目はスコアレスドローで終えたC大阪は25日に横浜とのJ1開幕戦を戦い、3月6日のACL3節で、ブリーラム(タイ)と対戦する。
 


【ゼロックス杯PHOTO】川崎フロンターレ×セレッソ大阪戦の美女サポーターたち❤

Facebookでコメント

201805081216_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24