アーセナル、4位以内はもう不可能? レジェンドたちは「EL優勝を目指すべき」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウェーでの弱さは致命的。

トッテナムとのアウェーゲームに敗れ、上位陣との勝点差がさらに広がったアーセナル。CLへの復帰は叶うのか。(C)Getty Images

画像を見る

 トッテナムとの“ノースロンドン・ダービー”を落としたアーセナルは、現在プレミアリーグで5位につけるこの宿敵に、勝点7差と突き放された。順位こそ6位だが、チャンピオンズ・リーグ(CL)出場ラインとなる4位チェルシーとは、8ポイント差に開いている。

 英『Sky Sports』によると、トッテナム戦はアーセナルにとって、今シーズンのアウェーでの7つ目の黒星。ホームでは10勝2分け1敗とリーグ3位の勝点32を稼いでいるのに対し、アウェーでは3勝4分け7敗の勝点13でリーグ9位と苦しんでいる。

 アウェーゲームの苦手意識は以前からのものだ。ホームでは過去26試合で勝点66と、“ビッグ6”の中でもマンチェスター・シティ、トッテナムに続いて3位の成績を誇るが、アウェーでの過去26試合の勝点は、6強の中では最下位の26。もっとも多いマンチェスター・Cや2位チェルシーの半数にも満たない。

 元イングランド代表のジェイミー・キャラガー氏は、『Sky Sports』で「わたしはつねにアーセナルのメンタリティーの弱さを疑問視してきた。いまのアーセナルはむしろ悪くなっている」と酷評している。

「アウェーでの26試合で勝点26というのは、上位を争うチームの数字じゃない」

 昨シーズンのアーセナルは、勝点75で5位に終わり、19年連続でつかんできたCL出場権を逃した。今シーズンこの勝点を上回るには、残り11試合で31ポイント以上が必要となる。

 キャラガーや、クラブのレジェンドであるティエリ・アンリは、今シーズンもアーセナルがプレミアのトップ4に食い込み、CL出場権を獲得するのは難しいと考えているようで、「CLに出たければヨーロッパ・リーグ(EL)で優勝を目指すべき」としている。

 キャラガーは、「(4位以内に入るのは)実質的に不可能だと思う。彼らはELを優先すべきだ」とコメント。アンリも「現実的に、アーセナルにとって最高の成功はEL優勝だと思う。プレミアで4位以内に入るよりもあり得ることだと思うよ。サッカーではときに信じられないような奇跡が起こるが、それでも簡単ではないだろう」と、ELのタイトルを狙うべきと述べた。

「プレミアを完全に捨てることはできないと思うが、彼らはEL優勝を強く意識すべきだ。CL復帰とトロフィーにつながるのだからね」

 冬の移籍マーケットでアレクシス・サンチェスを手放したものの、メスト・エジルと契約を延長し、ピエール=エメリク・オーバメヤンやヘンリク・ムヒタリアンを獲得したアーセナル。アーセン・ヴェンゲル監督は、長年率いてきたクラブにふたたびCL出場権をもたらせるのだろうか。
 

Facebookでコメント

Soccer_JLeague_open_0223_300x250_samurai_DG_A.gif

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月7日発売
    全54クラブを網羅した決定版
    2018 Jリーグ名鑑
    特製クリアファイル付き
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月8日号
    2月22日発売
    2018年シーズン
    J1&J2リーグ 開幕ガイド
    豪快解説陣が徹底順位予想
    中村憲剛×小林悠対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月15日発売
    2017-2018 欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    今シーズンの最終陣容決定!
    メガクラブの「戦術解説」付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24