「キャリア最高」とルーニーが自画自賛した豪快オーバーヘッド弾! 再生回数が215万回を超え、ファン熱狂!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「銅像にしてオールド・トラフォードで飾ってほしい」

ルーニーが伝説となった日から丸7年。試合の位置づけ、展開、時間帯、ゴールの質とインパクト……。これだけの条件を満たしたスーパーゴールはなかなかない。(C)Getty Images

画像を見る

 やはりファンにとっては何度でも観たくなる、伝説の一撃のようだ。
 
 マンチェスター・ユナイテッドの公式facebookは2月12日にゴール動画を投稿。「2011年のこの日、ウェイン・ルーニーがプレミアリーグの歴史上もっともグレイトなゴールのひとつを決めた」との一文を添え、キャリア最高の一発をリバイバルさせた。
 
 2010-11シーズン、本拠地オールド・トラフォードで行なわれたマンチェスター・シティとのダービー決戦。その78分だった。右サイドのナニが送った山なりクロスを中央で待ち受けたルーニーは、身体をくねらせてジャンプし、右足で豪快なオーバーヘッド弾を蹴り込んだ。“殿堂”は一瞬にして熱狂のるつぼと化し、その凄まじさは映像の激しい揺れからも容易に想像がつく。このファインゴールで2-1と宿敵を下し、25歳のルーニーは伝説となったのだ。
 
 この投稿動画の反響が半端ない。再生回数はすでに215万回を超え、「いいね」が10万、シェアが1万2000件、コメントは3800件に及んでいる。「ユナイテッド史に燦然と輝く」「一日中観ていても飽きない歴史的ゴールだ」「あの日の興奮と感動が甦ったよ」など絶賛の嵐で、なかには「銅像にしてオールド・トラフォードで飾ってほしいシーンだ」という斬新な意見も。ルーニー自身ものちに『ワールドサッカーダイジェスト』誌のインタビューで「一生忘れないメモリアルなゴールになったね。シティ相手に決めたからこそ価値があるんだ。キャリアベストのゴールだと断言できるよ」と振り返るなど、ご機嫌だった。
 
 昨年夏に惜しまれつつ古巣エバートンへと帰還したルーニー。それでも13年間在籍し、ユナイテッドの歴代最多得点(253得点)を叩き出した記録にも記憶にも残るレジェンドは、これからもサポーターに愛され続け、永遠に語り継がれていくのだろう。
 

Facebookでコメント

Soccer_JLeague_open_0223_300x250_samurai_DG_A.gif

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月7日発売
    全54クラブを網羅した決定版
    2018 Jリーグ名鑑
    特製クリアファイル付き
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月8日号
    2月22日発売
    2018年シーズン
    J1&J2リーグ 開幕ガイド
    豪快解説陣が徹底順位予想
    中村憲剛×小林悠対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月15日発売
    2017-2018 欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    今シーズンの最終陣容決定!
    メガクラブの「戦術解説」付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24