【川崎】小林悠が語る攻撃停滞の理由「縦パスを入れられない時に焦って無理やり…」

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年02月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと余裕を持ってやるべき」

最後までゴールを奪えなかった小林。チームはACL初戦で痛い黒星を喫した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[ACLグループステージ1節]川崎0-1上海上港/2月13日/等々力
 
 ACLグループステージの初戦で上海上港と対戦した川崎は、23分に奪われた1点を最後まで返せずにホームで痛い黒星を喫した。
 
 ただエースの小林悠は「全員が球際で身体を張れていましたし、僕はポジティブに捉えています」と試合を振り返る。
 
 3日前のC大阪とのゼロックス・スーパーカップには2-3で敗れ、公式戦2連敗となったが、「ゼロックスよりは良かったですし、最後のところでシュートミスがありましたが、後半は点を取れそうな雰囲気がありました。悔しいですが、前向きに捉えたいです」と続ける。
 
 では、12対8とシュート数では上回ったものの、なぜ最後までゴールを奪えなかったのか。その要因については次のように語る。
 
「ボールを回してて、なかなか縦パスを入れられない時に、自分たちで焦れて無理やりパスを入れて奪われてカウンターを食らってしまった。ただそこはボールを持っているのは自分たちですし、焦らずにやることが大事だと思います。急いでしまうと狙われてしまう。もう少しタイミングを見た方が良い」
 
 今はチームに余裕がない点が問題だと話す。
 
「もっと余裕を持ってやるべきだと思います。個々の余裕というか、焦れずに回して隙を見てパスを入れるというか。そういうところを意識してやっていきたい」
 
 次戦は2月20日にアウェーで蔚山現代と対戦するが、今度こそ自慢の攻撃陣は機能するのか。「良くなっている手応えは感じています」との小林の言葉を信じて待ちたい。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)                                                         
【ACL 川崎 0-1 上海上港 PHOTO】川崎、1点が遠く… ACL初戦を落とす

 

Facebookでコメント

Soccer_JLeague_open_0223_300x250_samurai_DG_A.gif

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月7日発売
    全54クラブを網羅した決定版
    2018 Jリーグ名鑑
    特製クリアファイル付き
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月8日号
    2月22日発売
    2018年シーズン
    J1&J2リーグ 開幕ガイド
    豪快解説陣が徹底順位予想
    中村憲剛×小林悠対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月15日発売
    2017-2018 欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    今シーズンの最終陣容決定!
    メガクラブの「戦術解説」付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24