ACL敗戦に小林悠が反省の弁…それでも手応えを感じた”ある部分”

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビネーションは及第点。来週の蔚山現代戦までに改善できるか

1トップの位置で攻撃を牽引した小林悠。自身も含め決定力の向上を誓った。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ACLグループステージ1節]川崎0-1上海上港/2月13日/等々力

 チャンスを作りながらも惜敗し、川崎のキャプテンは肩を落とした。

【ACL 川崎 0-1 上海上港 PHOTO】川崎、1点が遠く…ACL初戦を落とす

 アジア・チャンピオンズリーグのグループステージの初戦を迎えた川崎は、元ブラジル代表のフッキなどを擁する上海上港とホームで対戦。最前線に入った主将・小林悠を中心に攻め立てるも、最後までゴールをこじ開けることはできなかった。

 試合後、小林は試合を振り返り、「こっちのほうがチャンスが多かったと思いますけど、決めるべきところを決めないと勝てないと感じた試合だった」とチームの決定力不足を嘆いた。

 ただ、コンビネーションでは手応えがあったと話し、「連係面は悪くなかったですし、チャンスを多く作れていたので、ブレずに続けていくことが大事だと思う」と語る。事実、71分には自身のパスを大久保嘉人がつなぎ、最後は家長昭博がGKと1対1を迎える場面があった。惜しくも家長のシュートは枠を捉え切れなかったが、崩しのところでは十分にやれる自信を掴んだ。

「とにかく、結果にこだわってやっていきたい」という言葉で締めくくった小林。1週間後のグループステージ第2戦の蔚山現代戦ではネットを揺らし、勝利を掴めるだろうか。

【ゼロックス杯PHOTO】川崎フロンターレ×セレッソ大阪戦の美女サポーターたち❤
 

Facebookでコメント

201805081216_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24