新星発見!「才能の大きさはR・マドリーのダニ・セバジョスにも匹敵」ファビアン・ルイス

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年02月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武者修行から戻り、実力でチームに居場所を確保。

「見事に“殻”を破った。いまやチームの中心選手だ」そう語るのは、同じくベティスの下部組織出身で、現チームキャプテンのホアキンだ。(C)Getty Images

画像を見る

 赤丸急上昇中のニュースターを紹介する不定期連載。今回取り上げるのは、ベティスのカンテラ(下部組織)で育ったファビアン・ルイス。21歳の長身MFのもとには、すでに国内外のビッグクラブからオファーが届いているとの情報も――。

FABIAN Ruiz
ファビアン・ルイス
(ベティス/スペインU-21代表)
●生年月日/1996年4月3日
●出身地/ロス・パラシオス・イ・ビジャフランカ(スペイン)
●身長・体重/189cm・70kg
●主要ポジション/ボランチ、トップ下
●A代表/未招集
●キャリアの転機/ミランとのプレマッチでアピールに成功(17年8月)

――◆――◆――

昨夏、ベティスはスポーツ部門副会長のロレンソ・セラ・フェレール主導の下、キケ・セティエン新監督が志向するパスサッカー仕様のスタイルにマッチする選手を、精力的に補強した。

 クラブの“本気”を目の当たりにし、ベティコ(ベティス・サポーターの呼称)は新シーズンへの期待感を膨らませていたが、同時に一抹の不満を覚えてもいた。その新プロジェクトの目玉になるはずだった司令塔のダニ・セバジョスが、レアル・マドリーへ移籍してしまったからだ。しかも1650万ユーロ(約21億4500万円)という、昨今の移籍市場においては超がつくほどの格安でだ。

 近年は同じ町のライバル、セビージャに大きく後れをとっているとはいえ、ベティスは自前で育てたカンテラーノを中心に、個性溢れるチームとしてリーガを盛り上げてきた。現在キャプテンを務めるホアキン・サンチェスはその代表格で、彼以来、久々に台頭した大物カンテラーノが、ダニ・セバジョスだったのだ。

 しかし、ベティスにはダニ・セバジョスと同い年で、ポテンシャルの大きさでは決して引けを取らない将来有望なカンテラーノが、もうひとりいた。2014-2015シーズンに2部でトップチームにデビューし、翌シーズンに1部の舞台を経験したファビアン・ルイスだ。

 昨シーズンは、冬の移籍市場でエルチェ(2部)に半年間の武者修行に出された。首脳陣の間ではさらに1年、レンタルに出す構想もあったようだが、繊細なテクニックと非凡なパスセンスに加え、恵まれた体躯(身長189センチ)を誇る若武者は、プレシーズンマッチのミラン戦で強烈な一撃を得意の左足でゴール右隅に突き刺すなど、新監督に強烈にアピール。実力でトップチームに居場所を確保し、開幕を迎えたのだった。

 ファビアンの名前は、すぐにスペイン全土を駆け巡った。5節のレアル・マドリー戦でスタメンに抜擢されると、中盤で積極的にボールを引き出しながら攻守にフル稼働し、1-0の勝利に貢献した。続くレバンテ戦では、55分に1部初ゴールを記録。大きなストライドのドリブルで持ち上がり、左足で豪快な一撃を見舞ったのだ。

Facebookでコメント

201805081216_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24