「まさに神懸かりだった」敵地エティハドで岡崎慎司が決めた驚愕ボレー弾を再評価!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しかしながら日本人FWは膝を蹴られて…

昨年5月のマンC戦で豪快ボレーを決めた岡崎。今週末にその再現を狙いたかったが、怪我のため遠征メンバーから外れた。(C)Getty Images

画像を見る

 土曜日のプレミアリーグ27節で、マンチェスター・シティの本拠地エティハドに乗り込むレスター・シティ。前回の対戦は昨シーズンの37節で、惜しくも1-2で敗れたものの、43分に岡崎慎司が決めたファインゴールはいまでもサポーターの間で語り草になっている。
 
 左サイドでボールを受けたマーク・オルブライトンがレーザークロスを中央へ送ると、走り込んだ岡崎が左足のダイレクトボレーで豪快に蹴り込んだのだ。今週末にエティハドに乗り込むチームを勇気づけるべく、レスターの公式ホームページがこのオカザキ弾をあらためて紹介。「前回のエティハド決戦で決まったゴールは、まさに神懸かりだった」と称えた。
 
 というのも、マンチェスターへの遠征するチームに岡崎は同行しない。木曜日に会見に応じたクロード・ピュエル監督が明かした。「オカザキは試合に出れない。(練習で)膝にキックを受けてしまったんだ、これから2週間は無理だろう」と説明。今冬のマンCへの移籍が叶わず、練習をボイコットし続けているリャド・マハレズはあいかわらず不在で、ただでさえ手薄なレスター攻撃陣にとって、岡崎の離脱はかなりの痛打だ。
 
 ここ2戦が1分け1敗と勝ち星がなく、順位を12位に落としてしまったレスター。10位以内でのフィニッシュを目ざすだけに、鬼門のエティハドとはいえ、なんとかポイントを持ち帰りたいところだ。

Facebookでコメント

Soccer_JLeague_open_0223_300x250_samurai_DG_A.gif

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月7日発売
    全54クラブを網羅した決定版
    2018 Jリーグ名鑑
    特製クリアファイル付き
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月8日号
    2月22日発売
    2018年シーズン
    J1&J2リーグ 開幕ガイド
    豪快解説陣が徹底順位予想
    中村憲剛×小林悠対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月15日発売
    2017-2018 欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    今シーズンの最終陣容決定!
    メガクラブの「戦術解説」付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24