25秒間で何回リフティングできる? 川崎・家長昭博が叩き出した回数は驚愕の…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大久保、倉田、初瀬の新旧代表トリオも及ばず

Jリーグ公式ツイッター上で極上のテクニックを披露した家長。コンディションの良さを窺わせる。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグの公式ツイッターでファン必見の企画がスタートした。
 
 今季で25周年を迎える日本最高峰のプロリーグ。それにちなんで、各Jクラブの名手たちが「25秒間」のリフティングにチャレンジしているのだ。規定時間内に誰がもっとも多くボールを突けるのか。まずは川崎フロンターレとガンバ大阪の選手たちが挑戦した。
 
 トップバッターで登場したのが、川崎に“出戻った”ストライカー、大久保嘉人だ。「目標は50回です」と言いながらいきなり76回の好スコアを叩き出した。だがその直後に投稿された僚友、家長昭博のリフティングがまさに超絶。「目標は40回くらいです」と自信なさげにスタートしながら、自慢の左足で高速リフトを続けて積み上げた数値は──。驚愕の98回! さすがに普段はクールな家長も会心のガッツポーズを見せた。
 
 この数字がどれだけ凄いのかは、続くG大阪の日本代表コンビのチャレンジで明らかとなる。ともに家長の記録を塗り替えるべく果敢に挑んだが、倉田秋が84回で、初瀬亮が86回。初瀬は「95回(正しくは98回)もどうやってすんの?」と目を丸くしていた。
 
 はたしてJ1王者が誇るレフティーの記録を抜く強者は現われるのか? 今後の人選と結果に注目したい。

Facebookでコメント

Soccer_JLeague_open_0223_300x250_samurai_DG_A.gif

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月7日発売
    全54クラブを網羅した決定版
    2018 Jリーグ名鑑
    特製クリアファイル付き
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月8日号
    2月22日発売
    2018年シーズン
    J1&J2リーグ 開幕ガイド
    豪快解説陣が徹底順位予想
    中村憲剛×小林悠対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月15日発売
    2017-2018 欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    今シーズンの最終陣容決定!
    メガクラブの「戦術解説」付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24