王座奪還へ鹿島の仕上がりは? ACL開幕戦へ首脳陣の評価を上げたのは誰だ?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月04日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水戸戦最大の収穫は控え組が競争意識を高め、結果を残したこと。

水戸戦で1ゴールと結果を残した鈴木。今季は定位置獲得なるか。写真:徳原隆元

画像を見る

 J2水戸相手の辛勝。シーズン開幕前の追い込みの時期だけに、結果だけを見れば危機感を抱いてしまうところ。しかし、これがチームにとってプラスに転じそうだ。
 
「自分も動きは悪かったが、他の選手も良くなかった」と昌子源が振り返ったように、立ち上がりから精彩を欠いた鹿島。ボランチに入った小笠原満男がボールを持っても、周囲の動き出しが悪く、簡単にサイドに展開して仕掛けるだけの単調な攻撃が目立った。
 
 エースの金崎夢生が右足首痛を訴え、大事をとって欠場。代わってペドロ・ジュニオールが土居聖真と2トップを組み、中盤の両翼には左にレアンドロ、右には遠藤康が入った。攻撃陣の顔ぶれは、ほぼ昨季の主力メンバーだったが、人もボールも動かずに、本来の推進力ある攻撃は陰を潜めた。
 
 この要因のひとつを昌子は「ピッチが重かった」と説明。連日の悪天候でピッチの土は重くなり、表面の芝は乾いてボールが走らない。J1スタジアムではあまりない環境だ。加えて、合宿を終えたばかりで疲労も蓄積。大岩剛監督は「修正する部分が多く出た」と話しながらも、問題点を理解し、「連動性という部分は、心配はしていない」と分析した。
 
 攻撃の機を窺ううちに中盤でボールをロスト。速攻を受けピンチを招く場面も散見した。8分にはカウンターを昌子がファウルで止めてFKを与えると、木村祐志のシュートのこぼれ球を岸本武流に押し込まれ先制点を献上。前半のうちに1点を返したが、終始後手に回る展開となった。
 
 後半も2失点を喫し、守備は集中力を欠くことが多かった。しかし、犬飼智也と植田直通をセンターバックで組ませるなど、テスト的な部分があり、失点は許容範囲。むしろそれが課題を浮き彫りとさせ、得るものもあった。
 
 最大の収穫は、控え組が競争意識を高め、結果を出していること。宮崎合宿のJ2金沢戦(1月25日/◯5-1)で2得点を挙げた鈴木優磨が、59分からの途中出場で1ゴールの活躍。67分、小笠原の左CKに頭で合わせて、好調をアピールした。

Facebookでコメント

201805261224_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24