【鹿島】敵将も「まだ全然…」と指摘 “新10番”金崎夢生の本領発揮は「これから」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年01月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テスト的な要素も強い布陣で、トレーニングマッチ2試合は無得点に。

宮崎キャンプでの練習試合では結果が出なかったが、金崎自身も本領発揮はこれからだと考えているようだ。

画像を見る

 J2徳島相手にシュート0本に終わり、前半だけでベンチへと下がった新「10番」の金崎夢生。宮崎合宿3連戦は、低速のギアのままで真価を証明することはなかった。
 
 23日の初戦、JFLのテゲバジャーロ宮崎戦で81分間プレーし、中1日のJ2ツエーゲン金沢戦は欠場し、徳島ヴォルティス戦で金森健志と2トップを組み先発出場した。しかし、大岩監督が「守備の時間が多かった」と振り返ったように積極的に仕掛けてきた徳島を相手に、チームは序盤から後手に回る展開。中盤の守備が機能しなかったことで、前線の2人がラインを下げて守備に翻弄する姿が目立った。
 
 ボランチの2枚に三竿健斗と久保田和音が入り、センターバックには昌子源と犬飼智也のコンビ。いくつかのポジションでテストが行なわれたが、各ラインで堅固なブロックを築くことができずに、金崎らアタッカー陣までもがズルズルとポジションを下げてしまった。
 
 攻撃に転じても、後方から良質なパスが送られることはなかった。金崎と連動した中盤からのビルドアップがなく、フリーランニングで「出して、出して」とボールを呼び込む姿勢は見せるが、これに呼応するボールは配球されなかった。敵将のリカルド・ロドリゲス監督は「テレビでプレーは何度も見たことがあるが、まだ(状態は)全然仕上がってない感じだ。彼はゴール前で脅威となるが、周りがその良さを引き出すパスを出せていなかった。逆にうちとしては起点を抑えたのは大きい」と語った。
 
 金森が左に流れ、同サイドでレアンドロらと連動したのとは対照的に、金崎が流れる右サイドでは経験の少ない田中稔也や、加入間もない犬飼、内田篤人がプレー。田中が「自分をもっと知ってもらう必要がある」と話したように手探り状態で、初めてともにピッチに立つ選手たちばかりだった。当然のように連係面の未熟さは目についたが、そこはあくまでも練習試合。テスト的な要素が大きく、現時点での戦術的な評価は難しいところだ。
 
 金崎個人としては格下との練習試合2戦で結果を出せなかったが、まだ焦ることはないだろう。12月のE-1選手権で日本代表戦に出場した選手の始動は遅く、金崎の新シーズンも始まったばかり。本人もマイペースな姿勢を見せ「寒くて身体ガチガチ。(調子を上げていくのは)これからだね」と前向きに話す。
 
 2017年はキャリアハイとなる12得点を記録した金崎。昨季も低調なスタートだったが、開幕ではしっかりと合わせてきただけに、新シーズンで「10番」を背負うエースの仕上がりに期待が集まる。

Facebookでコメント

Soccer_JLeague_open_0223_300x250_samurai_DG_A.gif

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月7日発売
    全54クラブを網羅した決定版
    2018 Jリーグ名鑑
    特製クリアファイル付き
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月8日号
    2月22日発売
    2018年シーズン
    J1&J2リーグ 開幕ガイド
    豪快解説陣が徹底順位予想
    中村憲剛×小林悠対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月15日発売
    2017-2018 欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    今シーズンの最終陣容決定!
    メガクラブの「戦術解説」付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24