【FC東京/新体制】逆襲の2018年。「東京からのオファーを待っていた」と告白した新戦力は?

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年01月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨季の反省を踏まえて今季のスローガンは…

今季の新加入選手。右から原、富樫、D・オリヴェイラ、大森、矢島、品田。写真:徳原隆元

画像を見る

 2018年1月13日、FC東京の新体制発表会がイオンシネマ シアスタ調布で行なわれた。10月1日にクラブ創設20周年を迎える今季は、FC東京にとって特別なシーズン。そうしたメモリアル的な意味合いもあって、ファン・サポーター350人を招いての発表会となった。
 
 大金直樹社長はJ1で13位に低迷し、ファン・サポーターを裏切った昨季の反省を踏まえ、今季のスローガンを「強く、愛されるチームをめざして」に設定したと発表。また2018年シーズンに向けて、1)チーム再構築(総合力、一体感)、2)攻守に支配するFC東京らしいサッカー(あきらめないひたむきさ、泥臭く、攻守の切り替え、全員で攻撃守備)、3)タイトルの獲得、この3点を意識しながら戦うという決意を示した。
 
 それを具現化していくうえで、重要な役割を担いそうなのが昨季限りで現役を引退した石川直宏だ。新シーズンから「クラブコミュニケーター」という役職で、クラブと色んなものをつなげていくという。「これからいろんな形で接する機会があると思うので、皆さんと一緒に歩んでいけることを楽しみにしています。現役時代と違うやり方で、チームに貢献していければと考えています」とは本人の所信表明である。
 
 さらにサプライズとして昨季限りで現役を引退した羽生直剛が登場。来季からFC東京の強化部のスカウト担当をやることが発表された。「ナオ(石川)に比べると、スカウトというのは渋い肩書きで自分らしいなと。皆の期待に応えられるかは分からないけど、プレースタイル同様、人と人をつなげたり、周りから認められるような働きをして、また来年もやりたいというふうになればいい。ずっとプロでやってきたので、この仕事もプロフェッショナル精神でやっていきたい」といかにも羽生らしいコメントを残した。
 
 もっとも彼ら以上に奮闘が期待されるのが、現場で戦う監督、選手たちだ。とりわけ注目は、今季からFC東京を率いる長谷川健太監督だろう。G大阪時代の2014年に3冠達成の偉業を成し遂げたこの指揮官に求められているのは、当然ながらタイトル。「ポテンシャルがあるクラブに呼んでもらって感謝しています。シーズンの最後にファン・サポーターの皆さんと喜びを分かち合えるように頑張りたいと思います」というコメントからは並々ならぬ決意が感じ取れた。
 
 そんな長谷川監督は今季を戦ううえでのキーワードを訊かれると、「優勝への『●求』」と回答。「要求だとか欲求だとか、そういうものを出してもらいたい。選手たちは本当に仲がいいけど、厳しさの面でどうなのか。勝ちたい、タイトルを獲るという気持ちをもっと出してもらいたい」と選手たちに“要求”していた。

スローガンを発表した大金社長。写真:徳原隆元

画像を見る

”CC”に就任した石川(左)とスカウト担当の羽生(右)。写真:徳原隆元

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24