CLのチケット価格をめぐりマンUとセビージャが対立…値上げ&批判合戦にUEFAの介入も!?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年01月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ともに値上げ分はクラブが負担すると発表

今後に遺恨を残さないよう、両クラブには最適の着地点を見出してほしいものだ。 ※写真はマンU公式サイトのチケットページ

画像を見る

 チャンピオンズ・リーグ(CL)再開が1か月後に迫るなか、決勝トーナメント1回戦で対戦するマンチェスター・ユナイテッドとセビージャが、チケット価格を巡って対立していると、『BBC』など英メディアが報じている。

 セビージャは今シーズンのグループステージで、本拠地サンチェス・ピスファンにリバプールを迎えた際、アウェー席のチケットを最低54ポンド(約8100円)に設定した。だが、2月21日に行なわれるマンチェスター・Uとの決勝トーナメント1回戦第1レグでは、89ポンド(約1万3350円)に上げている。
 
 サポーターからの不満を受け、マンチェスター・Uは「不当で過剰」と、セビージャに値下げを要求。しかし、セビージャが応じなかったことで、新たな手段に出た。3月13日にオールド・トラフォードで行なわれる第2レグで、セビージャ・ファンに割り当てるチケットも、89ポンドに値上げしたのだ。
 
 マンチェスター・Uによると、値上げ分の収益を使い、第1レグで遠征するサポーターに35ポンド(約5250円)を還元するという。収益の残り分は、クラブの財団に寄付する。
 
 しかし、セビージャも黙っていない。まずは自軍サポーターに対し、セビージャも当初予定されていた60ユーロ(約7800円)を上回る値上げ分は、クラブ負担にすると発表した。
 
 さらにセビージャは、マンチェスター・Uから割り当てられた2995席が、規定で定められている収容人員の5パーセントに達していないことを指摘。値上げの件を含め、UEFAに報告すると警告している。
 
 ただ、マンチェスター・Uも譲らない姿勢だ。英紙『テレグラフ』によると、収容人員の4.1パーセントに値する2995席の割り当てになったのは、安全面の事情であり、UEFAとは何度も協議していると強調。さらに、チケット価格も規定に反していないと主張している。
 
 マンチェスター・Uのスポークスマンは、テレグラフ紙に「UEFAがこれらの件について話し合おうということなら、歓迎する」と述べた。
 
 CLのトーナメントラウンドという素晴らしい舞台で、サポーターが晴れやかな気持ちでハイレベルなパフォーマンスを楽しめるよう、両クラブが解決策を見つけることが期待される。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月25日号
    10月11日発売
    日本代表・総力特集
    中島、堂安、南野──
    新ビッグ3に成り上がれ!!
    クラブダイジェストは湘南!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月18日発売
    総勢62名のエキスパートが投票!!
    U-29限定ポジション別
    「タレントランキング」
    次代トッププレーヤーの新序列
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24