【浦和】4年ぶり復帰の山田直輝が激白!!「戻れないと諦めかけた時もあったが…」

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年01月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

湘南で真のサッカー選手に。

湘南での3年の武者修行を経て、浦和に戻った山田。新シーズンへ力強く決意を語った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1月11日に行なわれた浦和の新体制発表会で、今シーズンからチームに復帰した山田直輝がアカデミー時代から身に纏ってきた懐かしのユニホームに4年ぶりに袖を通した。
 
「良い選手がいてライバル関係があるのは百も承知でここに来ているので、誰であろうとポジションを奪いに行きたいです。ここで結果を残せれば日本代表に近づけるはずなので、負けるつもりはありません。チームを勝たせたいという想いは強いです」
 
 確かな決意を語る山田だが、湘南での3年にわたる武者修行の間には、古巣への復帰を諦めかけた時もあったという。
 
「浦和でもう一回チャレンジする時は自分のパフォーマンスがフルに近づいた時だと思っていました。そうならないとここに戻って来ても、ノーチャンスだと考えていました。ただ、湘南で1年半くらいやってもなかなか自分のパフォーマンスを出せなくて、このままだと浦和に戻れないと諦めかけた時もありました。でもそこから成長させてもらって、感謝しています」
 
 湘南で叩き込まれたのは勝利への貪欲さだ。
「学んだのはチームを勝たせるために責任を負うということ。勝ちに対する貪欲さだったり、引っ張って行くという気持ち。やっとプロのサッカー選手というか、勝つためにサッカーができるようになりました。浦和ではそこを見てもらいたいですし、それを表現できたら、湘南のサポーターにもあいつ成長しているなと感じてもらえると思います」
 
 今季の浦和はアカデミー時代の恩師である堀孝史監督が率いる。
 
「堀さんには感謝しかないので、タイトルを獲って『ありがとう』と言ってもらえるように頑張りたいです」
 
 言葉の端々から逞しく成長したことを窺わせる。覚悟を持って古巣に戻った27歳は新シーズン、大きなサプライズを提供してくれそうだ。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月25日号
    1月11日発売
    J1&J2全40クラブの
    補強達成度&移籍相関図
    セレッソ優勝ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月18日発売
    創刊500号記念
    MESSIとRONALDOの10年
    最高峰に君臨しつづける
    2大クラックのライバル史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24