ルカク、「ブードゥーのお告げで契約延長を拒んだ」と語ったエバートン筆頭株主に対し法的措置も検討

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年01月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「そもそも彼は敬虔なカトリック教徒」

思わぬトラブルに見舞われたルカクは、どのように対処するか。 (C) Getty Images

画像を見る

 今シーズンよりマンチェスター・ユナイテッドでプレーしているベルギー代表FWのロメル・ルカクが、前所属のエバートンと法廷闘争を展開する可能性があると、『ESPN』が報じている。


 発端は、エバートンの株式49.9パーセントを保有するイラン人の億万長者ファラド・モシリ氏が先日、昨春にルカクに契約延長を申し出て拒否されたことを回想し、それが「ブードゥーのお告げによるもの」とメディアに語ったことである。
 
「あとは契約書に署名するだけという段階になって、ロム(ルカクの愛称)が母親に電話をかけたところ、アフリカに巡礼に出かけていた彼女から、ブードゥーのお告げとして『エバートンを退団して、チェルシーと契約するべき』と言われたことで、一転して契約延長を拒絶した」
 
 結局、ルカクはその後もエバートンの提示を受け入れることはなかったが、夏に新天地として選んだのはチェルシーではなく、マンチェスター・ユナイテッドだった。同じ代理人(ミーノ・ライオラ)を持つ親友のポール・ポグバがいることが、決め手になったともいわれている。
 
 この一連のモシリ氏の発言に対し、ルカク側のスポークスマンは『BBC』を通して反論。「ルカクの決断に、ブードゥー教による影響は皆無だ」と語り、モシリ氏に対しては「法的措置も検討中」だと明かした。
 
「そもそも彼は敬虔なカトリック教徒であり、彼の人生や信念にブードゥー教は関わっていない。ルカクがエバートンとの契約延長を拒んだのは、モシリ氏の掲げるプロジェクトが信頼できなかったからであり、いかなる条件でもサインする気はなかった」
 
 続けて、「彼はキャリアにおいて、次のステップを踏み出す時だと考えており、穏便にエバートンを去ることを望んでいた」とも主張している。
 
 マンチェスター・Uではここまで、リーグ戦22試合に出場して10得点を記録しているルカク。順調にキャリアアップし、ベルギー代表として今夏のロシア・ワールドカップでも活躍が期待されている24歳のストライカーは、この先、ピッチ外でもさらなる注目を集めることになるのだろうか。
【関連記事】
“出稼ぎ”テベスをボカが再獲得した理由は? 全ては王座奪還のためのシナリオだ
リーズ・ファンから怒りの抗議が続出! 井手口陽介の「獲得即レンタル放出」に賛否両論
「オカザキと契約延長の話をすべきだ」 レスターの前線は誰が売られ、誰が残る?
アーセナル撃破に貢献の英2部DFが「犬を飼う」権利を勝ち取る! その名前は皮肉にも…
「イカルディがレアル・マドリーでメディカルチェック!」はフェイクニュースか?
マルディーニ、カカ、ピルロ等…ミランの英雄が40歳になったガットゥーゾ監督を“いじり”ながら祝福!
コウチーニョの出世で「見る目なし」と批判も…伊紙が選ぶインテルの“放出失敗ベスト11”

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24