【天皇杯】落胆なきモンバエルツ監督。「彼のような選手に出会えて幸運だった」

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年01月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悔しさを露わにするよりも選手やサポーターへの深い感謝を。

残念ながら天皇杯で準優勝に終わったが、会見ではすっきりした表情を見せたモンバエルツ監督。写真:徳原隆元(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[天皇杯・決勝]C大阪2-1横浜/1月1日/埼玉

 2018年1月1日に埼玉スタジアム2002で行なわれた第97回・天皇杯決勝は、C大阪が横浜を2-1で下すという結果に終わった。先制しながらも延長戦の末に敗れた横浜のエリク・モンバエルツ監督は試合後、落ち着いた表情でこう述べた。

「試合に関しては良いスタートを切れた。ボールをコントロールして、素晴らしいゴールも決めることができた。ただ、そのあと相手にボールをコントロールさせすぎた。自分たちが下がってしまったこともあって、試合を難しくした。追いつかれて、ゲームは拮抗した展開になって延長戦に入りましたが、そこでセレッソに2点目を与えてしまった。我々にもチャンスはあったが、決められなかった。その点でセレッソには運もあった。だが、それもサッカーの一部だ」

 しかし、運で負けたわけではない。モンバエルツ監督は「セレッソの良い守備を崩すだけの攻撃ができなかった。パス回しのスピードが遅くて、ボールロストも多かった」と敗因にもしっかり言及していた。ただ、この試合を最後に退任するからだろうか、悔しさを露わにするよりも選手やサポーターへの深い感謝を示していた。なかでも、印象深かったのは中澤佑二について語ったくだりだった。

「中澤はプロとしてモデルになる選手。彼のような選手に出会えて幸運。私がいた3年間の間に一回もトレーニングを休んだことがなくて、リーグ戦ですべての試合に出ている。特別な存在だ。あの年齢で、私の要求に応えようと成長している。『来季は最後の1年』と言っているそうですが、私はもっとできると思います。ここまでボンバー(中澤の愛称)がマリノスに与えた影響は心からブラボーと言いたい」

 どこかほっこりとしたモンバエルツ監督のラストメッセージ。これを、中澤はどう受け止めるのだろうか。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【天皇杯決勝PHOTO】延長戦を制したC大阪がルヴァン杯に続き2冠達成!
【天皇杯決勝PHOTO】元旦の埼スタに集結したセレ女たち!熱い応援で優勝へ導く!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月25日号
    1月11日発売
    J1&J2全40クラブの
    補強達成度&移籍相関図
    セレッソ優勝ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月18日発売
    創刊500号記念
    MESSIとRONALDOの10年
    最高峰に君臨しつづける
    2大クラックのライバル史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24