レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第31回・ルーニー(エバートン/元イングランド代表)

カテゴリ:PR

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年12月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16歳でのデビューで今なおトップレベルを維持

マンチェスター・Uでは、15-16シーズンにFAカップも制し、獲り得る限りのタイトルを獲得した。写真は伝説となったシティ戦でのオーバーヘッド。ナニのクロスを受けての美弾は決勝点でもあり、さらにその価値を増した。 (C) Getty Images

画像を見る

 本誌ワールドサッカーダイジェストと大人気サッカーアプリゲーム・ポケサカとのコラボで毎月お送りしている「レジェンドの言魂」では、サッカー史を彩った偉大なるスーパースターが、自身の栄光に満ちたキャリアを回想しながら、現在のサッカー界にも貴重なアドバイスと激励を送っている。
 
 さて今回、サッカーダイジェストWebに登場するのは、デビュー時にあらゆる最年少記録を樹立して話題を独占し、以降、イングランドを代表するストライカーとして君臨してきたウェイン・ルーニーだ。
 
 マンチェスター・ユナイテッドでは全てのタイトルを勝ち取り、イングランド代表では歴代最多得点などの偉大なる足跡を残した、今なおピッチで存在感を放ち続ける偉人の軌跡を、ここで振り返ってみよう。
 
――◇――◇――
 
 1985年10月24日、ウェイン・マーク・ルーニーは、イングランド・リバプールで生を受けた。
 
 エバートンの熱烈なファンだった少年は、早くからストライカーとしての才覚を発揮し、地元の少年チームでは驚異的なペースでゴールを量産。これが憧れのチームのスカウトの目に止まり、9歳の時にエバートンの下部組織に入団を果たした。
 
 ここでも類まれな得点能力を発揮したゴールの天才は、2001-02シーズン終盤にはトップチームに昇格、試合出場はなかったものの、プレミアリーグでベンチに座った。そして翌シーズンの開幕戦、16歳と298日でトッテナム戦に出場し、早くもアシストをマークする。
 
 エバートンでは歴代2番目の若さでトップチームデビューを果たすと、10月2日のリーグカップ・レックスハム戦では初ゴールを挙げてクラブ最年少記録を更新。それから約3週間後のアーセナル戦では、プレミアリーグでも歴代最も若いゴールゲッターとなり、早くも世界中にその名を知られることとなった。
 
 練習生の立場にありながら、ファーストシーズンで33試合に出場し、6ゴールを挙げた新たな「ワンダーボーイ」は、正式なプロ契約を交わした翌シーズンに26試合出場9得点を記録したが、エバートンでのキャリアはここで止まることとなる。マンチェスター・ユナイテッドへ、約2500万ポンドで移籍することが決まったからだ。
 
「赤い悪魔」の一員となったイングランドの至宝は、1年目で初の2ケタ得点(11点)を達成し、2年目の05-06シーズンにリーグカップ優勝。ウィガンとの決勝戦で2ゴールを決めて、自身初のタイトルに華を添えた。
 
 そして、35試合で14得点13アシストと活躍した翌シーズン、チームにとっては4年ぶり、彼にとっては初めてのプレミアリーグ制覇。ここから、マンチェスター・Uの黄金時代が幕を開け、翌シーズンにはリーグ連覇、そしてチャンピオンズ・リーグ(CL)ではチェルシーとの同国対決をPK戦の末に制して欧州王者にも輝いた。
 
 08年冬、欧州代表として日本で開催されたクラブワールドカップに出場。撃ち合いとなったガンバ大阪との準決勝(5-3)で2ゴール、決勝のLDUキト戦では73分に決勝ゴールを挙げたルーニーは、クラブを世界一に導くとともに、MVP&得点王に選出された。
 
 08-09シーズンにリーグ3連覇を果たし、自身は12ゴール。前シーズンより背番号10を背負い、年々チャンスメイクの能力も高めていた彼だが、09-10シーズンには自己最多の26ゴールを記録し、PFA年間最優秀選手賞を手にした。
 
 改めてストライカーとしての凄さを示したルーニーは、11年2月のマンチェスターダービーにおいて、ファンの記憶に永遠に残るであろうゴールを決める。右サイドのクロスから決めた鮮やかなオーバーヘッドは、投票によって20年目を迎えたプレミアリーグの歴史におけるベストゴールに選ばれた。
 
 このシーズンでも自身4度目となるリーグ制覇の喜びを味わったルーニー。続く11-12シーズンには2年前の記録を上回り、27得点というキャリアハイの数字を残した(現時点でこれが最高記録)。
 
 12-13シーズンにマンチェスター・Uで5度目、そして最後のリーグ優勝を飾り、アレックス・ファーガソン監督退任後は幾度となく移籍の噂が上がったが、ルーニーはその後も4シーズン在籍し続け、17年1月のストーク戦で通算250ゴールを決め、クラブの歴代最多得点記録を更新してみせた。
【関連記事】
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第30回・カンナバーロ(元イタリア代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第29回・ロマーリオ(元ブラジル代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第28回・ロナウド(元ブラジル代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第27回・マルディーニ(元ミラン/元イタリア代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第26回・ギグス(元マンチェスター・ユナイテッド/元ウェールズ代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第25回・ゾフ(元イタリア代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第24回・ロッベン(バイエルン/オランダ代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第23回・デル・ピエロ(元イタリア代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第22回・ベルカンプ(元オランダ代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第21回・スコールズ(元イングランド代表)

Facebookでコメント

201805261224_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24