「今シーズンが最後に…」「来年はライセンスを取って…」“監督シャビ”誕生の瞬間が近づく!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年11月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルゼンチンのTV番組の取材で「最後のシーズン」を明言。

カタールに渡って3年。シャビ(中央)が監督としてバルサに復帰する日が着実に近づいている。(C)Getty Images

画像を見る

 現在カタールのアル・サードでプレーする元バルセロナMFシャビが、みずからの将来について語り、改めて「監督になりたい」という意思を明らかにした。

 アルゼンチンのTV局『DEPORTV』のインタビュー取材に応じた37歳のプレーメーカーは、いよいよ体力的な衰えを実感しはじめているという。

「キャリアの中でとくに大きな怪我もなく、ここまで継続してプレーしてこれたのは幸運だった。ただ最近は、以前よりも疲れるようになったし、コンディション維持も簡単じゃない。少しずつ下降線をたどっているのは間違いないね」

 そう語るシャビは、自身の引き際についてこう明言している。

「回復にも苦労するようになった。今シーズンがプロフットボーラーとしての最後のシーズンになるだろう。来年はコーチングライセンスを取って、監督になろうと思っているよ」

 所属するアル・サードとの契約も、ちょうどそのタイミング(2018年6月)で満了を迎えるだけに、「最後のシーズン」という言葉にはかなり現実味がある。

 ピッチを俯瞰的に見ることができて、恐ろしいほどのボールキープ力を誇り、小気味いいパスでゲームを組み立てた天才司令塔も、ついにあと半年余りでスパイクを脱ぐ。

 もっとも、シャビがピッチを去るのは寂しいが、「監督シャビ」の誕生はファンにとって楽しみでしかない。まだバルサのレギュラーとして第一線でプレーしていた頃から、シャビの引退後の姿に思いを馳せるファンがいたのは、それほどまでに彼が卓越したサッカー理論の持ち主だからだ。

 ヨハン・クライフとジョゼップ・グアルディオラ。バルセロナでは、チームのスタイルに大きな影響を与えたこのふたりの名将の後を継げるのは、シャビをおいて他にいないだろうと言われている。

 目の前の試合に一喜一憂しながらも、バルサ・ファンの多くが未来を楽観していられるのは、いつか必ずシャビが監督としてチームに戻り、ビッグタイトルをもたらしてくれるはずだと信じているから。

 それがいつになるかはわからないが、今回のインタビュー取材で「来年監督になろうと思っている」という言葉が飛び出したように、その日は確実に近づいている。

 監督になってもすぐにバルサのベンチに入れるわけではないだろうが、願わくば、リオネル・メッシという巨星がカンプ・ノウのピッチに眩い光輝を放っているうちに――。そう考えるバルセロニスタは少なくないだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24