百聞は一見に如かず。ベルギー戦をベンチから見守ったキャプテンが若手や国内組に伝えたいこと

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年11月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州遠征の本当の価値は「これからの姿勢にかかってくると思う」(長谷部)

ベルギー戦は出番がなかった長谷部。ベンチから戦況を見守ったが、思うところがあった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[親善試合]日本0-1ベルギー/11月15日/ブルージュ(ベルギー)

 百聞は一見に如かず。ワールドカップ制覇を狙う強豪国との対戦は有意義なものだった。
 
 ブラジル、ベルギーと相まみえた日本代表の欧州遠征は2連敗で終えた。10日にフランスで行なわれたサッカー王国との一戦では力の差をまざまざと見せつけられ、1-3で敗戦。ベルギーに場所を移した14日の試合では、善戦するも0-1で惜敗した。
 
 試合後、今回の遠征をキャプテンの長谷部誠はこう振り返った。

「本番を想定した場合、こういうゲームをしたら、間違いなくポイントは取らないといけなかった。最低でも勝点1、上手くいけば勝点3。攻撃で決め切れなかったけど、相手に少ないチャンスを決められてしまった。それで勝点0になってしまう。ブラジル戦も含めて、教訓にして自分たちのものにしていかないといけない」
 
 戦いの厳しさをひと一倍経験してきた長谷部だからこそ、出場機会がなかったとしても言葉に説得力がある。この日のベルギー戦は決定力の差を見せつけられたとはいえ、積極的な試合運びで前半を0-0で終えた。日本にも少ないながらもチャンスがあり、勝機がなかったわけではないが、最後はロメウ・ルカク(マンチェスター・U)に仕留められて敗北。僅かな差が試合の分水嶺になることを主将は誰よりも分かっていた。
 
 2連戦で感じたことを述べた背番号17。遠征での体験は、特に国内組や若手に知っておいて欲しいと言う。「国内でプレーをしている選手たちは、このレベルを忘れてはいけない」と話し、「ハリルホジッチ監督になってから海外の強豪と戦うのは今回が初めてだった。そういう意味では、前回のワールドカップの前はコンフェデも戦っていたので、この2試合は若い選手にとっては貴重だったと感じる」と言葉を残した。
 
 ワールドカップまで残り7か月。本大会で飛躍するためには選手たちの成長が欠かせない。「遠征の意味をさらに大きくするためには、これからの姿勢にかかってくると思う」とは長谷部の言葉。欧州遠征の2試合で得た経験値を元に、若手や国内組はさらなる成長を遂げられるのだろうか。

【日本代表PHOTO】積極的な戦いで好勝負を演じるも、ベルギーとのアウェー戦に0-1で敗れる

【欧州遠征PHOTO】スタジアムに「スシ!」が響き渡る!ユーモアたっぷりのベルギーサポーターを激写!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    3月22日発売
    ロシアW杯・出場32か国
    戦術&キープレーヤー
    完全ガイド
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月26日号
    4月12日発売
    2018年シーズン J1リーグ
    スキル別最新ランキング
    絶好調の広島&山口を大特集!
    インタビューは伊東純也が登場
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月19日発売
    「データ」で読み解く
    チャンピオンズ・リーグと夏の移籍
    欧州4強大解剖
    メガ「ポジション別・需要と供給」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24