【ベルギー戦プレビュー】浅野、長澤が先発? 長谷部不在でアンカーに山口か

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2017年11月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

守備陣の顔ぶれはブラジル戦と変わらず。

ベルギー戦の予想スタメン。右ウイングには浅野、アンカーは山口が先発か。

画像を見る

 11月14日、日本代表は国際親善試合のベルギー戦に挑む。会場はベルギー・ブルージュのヤン・ブレイデルスタディオン。キックオフは現地時間 20:45 (日本時間 15日4:45)を予定している。
 
 FIFAランキング5位の強豪国ベルギーとの一戦を、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「我々の長所、そして弱点がさらに見られる試合になるでしょう」と捉えている。
 
 4日前のブラジル戦は1-3というスコア以上に実力差を痛感させられた試合だったが、指揮官は「ブラジル戦から10人入れ替えて、ベルギーのような質の高いチームと対戦すれば大きなリスクを伴います」とメンバーの大幅な変更は考えていない。それでも「2~3人、入れ替える可能性はあります」とも語った。
 
 予想される大きな変更点は、ブラジル戦は先発した長谷部誠がベンチスタートとなりそうなことだ。冒頭15分だけ公開された前日練習で、最初のランニングではチームメイトたちと一緒に走っていた長谷部だが、その後のフィジカルメニューからは外れてランニングを続けていただけに、ベルギー戦のスタメンは考えにくい。
 
 長谷部不在の中盤は、山口蛍、井手口陽介、そして長澤和輝か。12日の練習で実施された紅白戦では、主力組と見られるチームに彼ら3人が入り、中盤の形は「アンカー+2インサイドハーフ」だった。
 
 アンカーに山口が収まり、2枚のインサイドハーフに井手口と長澤が並ぶ。出場となれば代表デビューとなる長澤は、「積極的に自分の持っているものを出すしかない」とベルギー戦に向けた意気込みを口にした。
 
 守備陣は、ブラジル戦に続いて川島永嗣がゴールマウスに立ち、最終ラインは右から酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、長友佑都の顔ぶれに。今のハリルジャパンで守備は最重要テーマだけに、今回の欧州遠征ではその土台となるセクションはあまりいじらず、練度向上を優先させてもおかしくはない。指揮官が考える現状のベストの編成で、タレント揃いのベルギーの攻撃陣に対抗する。

【欧州遠征PHOTO】アザール、ルカク、デ・ブルイネ!仲が良すぎる?!ベルギー代表のリラックスした練習風景を要チェック!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24