【J1採点&寸評】浦和3-3G大阪|R・シルバの美技、興梠の20点目が生まれるも…乱打戦はドロー決着に

カテゴリ:Jリーグ

橋本啓(サッカーダイジェスト)

2017年10月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和――得点に絡んだ柏木、青木、長澤は高評価。

【警告】浦和=なし G大阪=初瀬(27分)、米倉(77分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ラファエル・シルバ(浦和)

画像を見る

[J1リーグ30節]浦和3-3G大阪/10月22日/埼玉ス
 
【チーム採点・寸評】
浦和 6
終了間際の失点で勝点2を失った印象は否めないが、内容は決して悪くはない。状況に応じて、攻守のバランスを上手く保てていた。
 
【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
3失点の責任を押し付けるのは酷だろう。フィードやクロスボールへの対応でまずまず安定している場面もあり、及第点は与えられる。
 
DF
6 遠藤 航 6
タイミングの良いオーバーラップで攻撃に厚みをもたらす。R・シルバの決定機を演出した20分のロングフィードも見事だった。
 
22 阿部勇樹 6
酷い出来だったわけではない。危険を察知し確実にピンチの芽を摘み取るあたりに、円熟味が感じられた。
 
2 マウリシオ 6
スピード勝負では分が悪かったが、1対1の局面では確実にボールを奪い切る。ある程度質の高いプレーを見せていた。
 
5 槙野智章 6
守備に軸足を置いてプレー。ルーズボールに常に目を光らせ、敵より一足先にボールを奪うシーンが多かった。
 
MF
16 青木拓矢 6.5
攻守において幅を利かせていた。R・シルバの先制点を生み出した、思い切りの良いドリブルを仕掛けた判断は◎。
 
MAN OF THE MATCH
8 ラファエル・シルバ 7
パワフルなドリブルで脅威となり、2ゴールを奪う働きぶりからもMOMに相応しい。斜め45度の角度から、右足で鮮やかに決めた64分の得点は素晴らしかった。
 
10 柏木陽介 6.5(90+1分OUT)
まさに阿吽の呼吸で、興梠の今季20ゴール目をアシスト。ドリブルとパスを使い分けながら攻撃にアクセントを加えた。
 
15 長澤和輝 6.5
状況判断の良さが光る。ポジショニング、動き出しの質も良く、決して派手ではなかったが目を引く働きを見せていた。
 
21 ズラタン 6(65分OUT)
自陣深くまでプレスバックし、守備に精を出す場面も。一方、攻撃面ではあまり目立てず、後半の序盤にピッチを去る。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月25日号
    10月11日発売
    日本代表・総力特集
    中島、堂安、南野──
    新ビッグ3に成り上がれ!!
    クラブダイジェストは湘南!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月4日発売
    2018-19シーズン開幕版
    欧州主要21クラブの
    「戦術・スタイル」最新ガイド
    現地エキスパートが解析!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24