【現地発】メッシが『D10S』になった夜――国民の反応とサンパオリ政権の課題は?

カテゴリ:ワールド

チヅル・デ・ガルシア

2017年10月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トレンドワードとなった「D10S」とは?

崖っぷちに立たされたアルゼンチンを救ったのは、他でもない大黒柱のメッシだった。背番号10は、その傑出したパフォーマンスで国民の魂を揺さぶった。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 南米予選で苦心していたアルゼンチンが、現地時間10月10日のエクアドル戦で3-1の勝利を収めてようやくロシア行きの切符を掴み取った夜、アルゼンチン国内ではSNSで「Gracias D10S」(D10Sよ、ありがとう)という言葉がトレンドワードとなった。
 
「D10S」とは、スペイン語で神を意味する単語「Dios」と背番号10をかけた造語だ。アルゼンチンではこれまで、あのディエゴ・マラドーナを表わすロゴとして定着していたが、リオネル・メッシのハットトリックによる劇的な逆転勝利の感動に国土全体が揺れた直後、「D10S」は、アルゼンチン国内でもメッシの代名詞となったのだ。
 
「アルゼンチンでも」というのは、すでにスペインメディアはそれ以前から、この呼び名をメッシのために頻繁に使っていたからだ。バルセロナでの活躍が「神」として尊信される一方、アルゼンチン国内では、サッカー界で「神」といえばマラドーナと決まっている感がある。
 
 そのため、W杯出場権獲得後、アルゼンチンの人々がメッシに「Gracias D10S」という言葉を一斉に捧げた現象は、これまでマラドーナが君臨していた聖域に、ついにメッシが足を踏み入れたことを明確に示していた。
 
 ただ、注意したいのは、決して「アルゼンチンの国民が“ようやく”メッシを認めた」という意味ではないという点である。アルゼンチンの人々はとっくにメッシを認めているし、愛している。6年ほど前まであった、神童に対する不信感は存在しないと言っていい。
 
 今でも選手としてのメッシを批判し続けるのは、「アンチ・メッシ」という肩書きにプライドを感じる一部のジャーナリストと、サッカーというゲームそのものをよく理解していない、またはサッカーにほとんど興味を抱かないアルゼンチン人のみだ。
 
 その他の一般的かつ典型的なアルゼンチン国民は、メッシが殊勝な活躍を見せた前回のW杯南米予選を機に、彼に対する考えと態度を改めている。
 
 前回の予選で国民を味方につけたメッシが、今予選で、しかも本大会行きの懸かった最終節で、「神」と化したことは、過去2年間、アルゼンチン・サッカー協会(AFA)の崩壊から方向性を完全に見失ってしまっていたこの国のサッカー界に、新たな希望と多大な可能性を感じさせた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    7月19日発売
    永久完全保存版!
    ロシアW杯
    大会総集編
    全64試合を徹底レビュー
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月23日号
    8月9日発売
    W杯戦士の新シーズンを占う
    「欧州組」開幕ガイド
    乾貴士・独占インタビュー
    FC東京ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    2018-2019シーズン
    プレミアリーグ選手名鑑
    全20クラブの
    新戦力を完全網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24