【ACL】絶妙ループは狙い通りではなかった?劇的決勝点の高木俊幸が正直に告白

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「100パーセントあのシュートを狙っていたとは言えないが…」。

浦和は高木の決勝点で準決勝進出を決めた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ACL準々決勝・第2戦の浦和対川崎が13日、埼玉スタジアム2002で行なわれ、浦和が4-1で勝利した。この結果、2戦合計5-4(第1戦:1-3)で浦和が準決勝進出を決めた。

【ACL準々決勝PHOTO】浦和が4ゴールの大逆転で9年ぶりの準決勝進出!
 
 85分に決勝点を挙げた高木は、試合後のヒーローインタビューで「先制点はやられてはいけないという課題があったなかで、結果的にひっくり返せて良かった」とコメント。さらに、自身のゴールについて「100パーセントあのシュートを狙っていたとはいえないが、入って良かった」と正直に告白した。
 
 クロスに左足で合わせた決勝点は、GKチョン・ソンリョンの頭上を抜く見事なループシュートだった。本人の意図通りではなかったかもしれないが、その軌道は絶妙で、サポーターを沸かせるには十分なものだった。
 
 10年ぶりにACL4強進出を決めた浦和は、準決勝で上海上港と対戦。殊勲の高木は「ここまで来たら決勝に進むだけです」と意気込みを語った。

201709132149_2.jpg

Facebookでコメント

201805081216_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24