【小宮良之の日本サッカー兵法書】代表に不可欠な存在、長谷部誠。その不在を想定しておくべし!

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2017年09月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たったひとりの選手の在、不在で破綻するシステム

長谷部が不可欠なのは、日本代表に限ったことではない。フランクフルトでも、彼の戦線離脱にニコ・コバチ監督は途方に暮れたものである。 写真:田中研治

画像を見る

 ヴァイッド・ハリルホジッチ率いる日本代表は、ロシア・ワールドカップのアジア最終予選、佳境のオーストラリア、サウジアラビア戦で同じシステムを用いた。
 
 4-3-3、もしくは4-1-4-1で、その特長は最終ラインの前にアンカーと呼ばれる選手をひとり置き、その前にふたりのインサイドハーフを配置するかたちにある。
 
 両サイドのアタッカーを中盤とするか、FWと認識するかで、システムの表現は別のものになるが、ハリルジャパンではアンカーがフォアリベロ(最終ラインの前のDF)としての色合いが強いだけに、やはり4-1-4-1と表記すべきだろうか。
 
 しかし同じシステムでも、オーストラリア戦とサウジ戦では、結果も戦い方も、全く異なるものとなった。その理由は、あるひとりの選手の在、不在にある。
 
 勝利を収めたオーストラリア戦では、長谷部誠がアンカーに起用されている。彼は適時にCBを補強するなど、守備のカバーをするセンスに卓抜したものがある。
 
 インターセプトやゴールに迫る力では他のMFよりも劣るが、周りの綻びを修復し、全体のポジションを修正できる。FW、MF、DFの3ラインをコンパクトに保てるし、プレッシング、リトリートを切り替えられる。長谷部自身がプレーする以上に、周りを活かせられるのだ。
 
 長谷部を欠いて一敗地にまみれたサウジ戦では、「不在の在」が明らかになった。
 
 代役を務めた山口蛍は、決して能力の低い選手ではない。トップ下のポジションに入っていく迫力やゴールを仕留める力、インターセプトの鋭さや球際の強度の高さなど、平均以上の力を持つ。
 
 しかし、起きた問題を自らのプレーで解決しようとすることでポジションを動かさざるを得ず、それが相手に隙を与えてしまう。失点シーンでも、直前に相手にボールを動かされ、ポジションを捨てたことによって、そのスペースを突かれた。
 
 たったひとりの選手の在、不在で、このシステムは破綻する。デリケートなシステムであり、Jリーグで採用しているチームはゼロに近い。
【関連記事】
本田圭佑を獲得した真の狙いとは? パチューカ副会長がその壮大なビジョンを明かす
香川真司が新たな決意を表明「自分にとっての危機感やエゴ、色々な思いがある」
日本人欧州組の「採点」まとめ。初ゴールの武藤、勝利に貢献した柴崎の評価は?
【ブンデス日本人の現地評】ゴールで勝利に大貢献の武藤と宇佐美には高評価、他の4人は振るわず…
酒井宏樹を仏メディアが擁護! 不可解な38分の交代に「完全な采配ミス」「もはや乱心だ」
井手口陽介のリーズ移籍はどうなる!? 地元紙が「労働許可証」の可能性に言及
FIFA発表のW杯予選スタッツで吉田麻也が、あの部門で世界1位に!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月25日号
    1月11日発売
    J1&J2全40クラブの
    補強達成度&移籍相関図
    セレッソ優勝ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月18日発売
    創刊500号記念
    MESSIとRONALDOの10年
    最高峰に君臨しつづける
    2大クラックのライバル史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24