「致命的ミス」の連発で豪州代表デゲネクが散々…。横浜の堅守に暗雲?

カテゴリ:Jリーグ

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2017年09月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3つのシーンでいずれも致命的かつ初歩的なミスを…。

3失点すべてに絡んでしまったデゲネク。散々な出来だった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ25節]川崎 3-0 横浜/9月9日/等々力
 
 無敗記録が14試合(10勝4分け)で止まる大敗を喫した横浜で、もっとも低調なパフォーマンスだったのが、オーストラリア代表DFのミロシュ・デゲネクだ。
 
 まずは14分、ペナルティーエリア内でボールを右足でクリアするも、これがボテボテで大島僚太の目の前へ。そのままダイレクトシュートを叩き込まれた。5試合連続でクリーンシート中だった横浜にとっては、実に484分ぶりの失点だった。
 
 さらに57分、今度は判断とポジショニングのミスを犯す。ペナルティーエリア手前でボールを持った小林に寄せにいったCBの相棒・中澤佑二は、縦のシュートコースを切って横に相手を逃がした。おそらく「そこにはデゲネクがいる」と、そんな考えがあってのプレーだ。
 
 しかし、デゲネクは中澤の後方に動き、自分の持ち場を“捨てる”。そのオープンスペースを使われて小林に右足を振り抜かれ、ゴールネットを揺らされた。小林の後方にいたエドゥアルド・ネットのケアにいったようにも見えたが、いずれにしても中途半端な位置取りだった。
 
 そして75分、三度のミス……。相手の縦パスを処理して前方の扇原貴宏に繋ごうとするが、ボールはワンバウンドして処理しにくい高さに。案の定、扇原が中村憲剛に突っつかれてボールロストすると、デゲネクは慌てて飛び出すも横パスを許してしまう。デゲネクが前に出て空いたスペースで家長昭博がボールを受けると、事実上もはやGKとの1対1。易々と3点目を流し込まれた。

 試合後に「自分の失い方が悪かった」と振り返った扇原はもちろん、デゲネクのパスとその後の対応も褒められたものではなかった。
 
 サッカーにおいて失点は、特定の選手だけの責任ということはありえない。しかし、この日のデゲネクは3つのシーンでいずれも致命的かつ初歩的なミスを犯しており、その責任は決して小さくない。
 
 名指しこそしなかったが、横浜のエリク・モンバエルツ監督も試合後に「今日は個人のミスが多すぎた。これだけミスが多ければ結果は出せない。我々のミスから川崎に得点を与えてしまうという内容だった」とコメントしている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ助っ人列伝 1993-2017
    9月20日発売
    ジーコからポドルスキまで──
    過去25年間の歴代外国人選手
    総勢1916人を一挙紹介!
    オリジナルWCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月28日号
    9月14日発売
    2017 J1&J2リーグ
    最終順位大予想
    サガン鳥栖ダイジェストも!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト  責任編集
    9月8日発売
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    欧州選手名鑑の完全決定版!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストVol.492
    9月20日発売
    欧州有力クラブの
    「最終陣容」総チェック
    W杯予選/列強10か国企画も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.21
    7月12日発売
    夏の決定版!!
    インターハイ選手名鑑
    男子出場全55チームを網羅
    1100選手の顔写真&データ満載
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24