【プレミア開幕戦】王者チェルシーが3失点で黒星発進…マンCは昇格組に完勝、吉田麻也はフル出場で存在感

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年08月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

王者チェルシーは本拠地で黒星スタート。

2人の退場者を出して劣勢に立たされた影響から冷静さを失ったチェルシーは、本来のパフォーマンスとは程遠い内容に終始した。 (C) Getty Images

画像を見る

土壇場で失点し、勝点3は挙げられなかったリバプール。それでも新戦力サラーなど攻撃陣は、抜群の連携を見せた。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間8月12日、プレミアリーグ第1節の7試合が行なわれ、開幕戦らしい白熱したゲームが各地で展開された。
 
 本拠地スタンフォード・ブリッジにバーンリーを迎えた昨シーズンの覇者チェルシーは、立ち上がりから苦戦を強いられる。14分に主将のガリー・ケイヒルが退場となり、24分にバーンリーのウェールズ代表CFサム・ヴォークスにボレーで先制ゴールを許したのだ。
 
 数的不利になったうえ、リードを許したチェルシーは、反撃するどころか、39分にスティーブン・ウォード、43分にヴォークスに決められ、格下のバーンリーを相手にまさかの3失点を喫してしまう……。
 
 不穏な空気がスタジアムを包み込むなか迎えた後半、チェルシーは、59分に今夏にR・マドリーから獲得したアルバロ・モラタを投入して攻勢を強める。すると、69分にそのスペイン代表FWがウィリアンのクロスボールをダイビングヘッドで合わせてネットを揺らし、追い上げを図る。
 
 反撃の狼煙を上げたチェルシーだったが、ここで最悪の事態に見舞われてしまう。81分にセスク・ファブレガスがこの日、2度目の警告を受けて退場となったのだ。
 
 9人となったチェルシーは万事休すかと思われたが、87分に攻め上がったダビド・ルイスが意地の一撃を見舞って1点差とする。しかし、身体を張った相手の守備を前にわずかに及ばず、試合は2-3で終了。昨シーズンの王者が3失点を喫して敗れる波乱の幕開けとなった。
 
 27年ぶりのリーグ制覇を目指すリバプールは、敵地でワトフォードと対戦。前半は1-2とリードされて折り返したが、後半は55分にロベルト・フィルミーノが決めて同点とし、さらにその2分後に今夏にローマから購入したモハメド・サラーがネットを揺らして試合をひっくり返した。
 
 しかし、ドラマはこれで終わりではなかった。3-2とアウェーチームがリードして迎えた93分、CKの流れからワトフォードのCBミゲル・アンヘル・ブリトスが身体ごとゴールへ押し込んで同点としたのだ。結局、ホームチームが土壇場で意地を見せた試合は、3-3のドローとなった。

201708021411_1-300x0.jpg

 

Facebookでコメント

201806150903_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月13日発売
    これぞ最終確定版!
    ロシア・ワールドカップ
    出場23か国選手名鑑
    エントリー23人を完全網羅
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月7日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    出場全32か国
    完全選手名鑑
    グループリーグ大展望!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月21日発売
    ロシアW杯出場32か国
    全736選手のプロファイル
    &「夏の移籍」徹底展望
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24