【川崎】小林悠への完璧なお膳立て! 車屋紳太郎が見抜いた「矢印」の向きとは?

カテゴリ:Jリーグ

竹中玲央奈

2017年08月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相手の重心を見ながらDFふたりを鮮やかにかわす。

小林の先制ゴールをアシストした車屋。見事な仕掛けから完璧なお膳立てを見せた。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

[J1リーグ21節]新潟 0-2 川崎/8月9日/デンカS
 
 20試合を終えて勝点が18チーム中唯一のひと桁で降格がちらついている最下位を相手に、川崎は苦戦を強いられていた。ホニ、チアゴ・ガリャルド、ドウグラス・タンキというブラジル人アタッカー3人の圧力によってラインを押し下げられ、セカンドボールも回収される。そんな時間が続いた。ただ、ボックス内に入る直前での精度の低さに助けられ、大事には至らない。だが、攻撃面ではボールを持てずに満足にシュートも打つことができない状態だった。
 
 そんな煮え切らない展開のなかで、ゲームを動かしたのは個人の打開力だった。39分、敵陣左サイドでボールを受けた車屋が対面の川口を縦に振り切る。直後、磯村がカバーに入ってくるが、ワンタッチで前方に出してスピードで置き去りにし、中への正確なパスを送って小林のゴールをアシストした。
 
 混んでいた中央で、相手の動きを外して合わせた小林も見事だった。しかし、それ以上にふたりを抜き去って見事な“お膳立て”をした車屋のこのプレーは、重苦しい空気を打ち破るのに十分な効果を発揮した。
 
「抜こうとは思っていなかったんですけど、ちょっとフェイントを掛けたら相手の重心が動いたのが分かったので、1人目はそれで(抜いた)。2人目は、けっこう矢印がこっちを向いていたので、ワンタッチで裏に出せれば行けるかなと思って。それがうまく行ったかなと」
 
 車屋はこうアシストのシーンを振り返ったが、ピンときた言葉があった。それは「矢印」だ。
 
 風間前監督が多用していた言葉で、要は相手ディフェンス側が意図する動きの向きのこと。得点シーンではふたり目に対峙した磯村が完全に車屋に勢い良く向かっていっており、その動きの逆を突いたという訳だ。
 
 瞬間的にその判断を下し、アイデアを具現した彼のプレーは、チームに大きな余裕をもたらした。また、今季これまで2点差以上のゲームを1試合しか経験していなかった新潟にとっては、大きなダメージであっただろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月25日号
    10月11日発売
    日本代表・総力特集
    中島、堂安、南野──
    新ビッグ3に成り上がれ!!
    クラブダイジェストは湘南!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月18日発売
    総勢62名のエキスパートが投票!!
    U-29限定ポジション別
    「タレントランキング」
    次代トッププレーヤーの新序列
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24