「ジダンがベストプレーヤーさ」「トッティは僕のお手本」サッカー界の注目コメント集

カテゴリ:ワールド

遠藤孝輔

2017年08月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現役引退から10年以上が過ぎてもジダンの技巧は――。

練習時に現役時代さながらの超絶技巧を披露するジダン監督を、教え子のカゼミーロ(写真)がベタ褒め。「ベストプレーヤー」と称えた。(C)Getty Images

画像を見る

≪注目コメント①≫
「ジダンがベストプレーヤーさ」
発言者:カゼミーロ(レアル・マドリー/ブラジル代表)

 現役引退から10年以上が過ぎても、ジネディーヌ・ジダンの技巧は錆び付かず――。そう思わせるエピソードを明かしたのは、欧州王者のボランチだ。「練習で人が足りない時に、監督が選手役をやるんだけど」と口を開き、レアル・マドリー指揮官のプレーぶりを絶賛した。


≪注目コメント②≫
「まさか折れてるなんてね」
発言者:スベン・ベンダー(レバークーゼン/ドイツ代表)

 今夏に新天地を求めたMFがタフな一面を見せつけた。7月23日の強化試合で開始10分に鼻骨を折りながら前半終了までプレー。それだけでも驚きだが、なんと本人は骨折に気付いていなかったという。ドルトムント時代は何度となく怪我に泣かされたが、いまでは“鉄人”の異名を取るほどだ。


≪注目コメント③≫
「トッティは僕のお手本」
発言者:ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド代表)

 ローマ一筋を貫き、今夏に25年に及ぶキャリアに幕を下ろした英雄の生き様が、イングランド代表FWの琴線に触れたようだ。ローマとのプレシーズンマッチを前に、「彼はクラブ愛を口にできる人物。僕はスパーズで13年プレーした。この先もここに留まりたい」とフランチェスコ・トッティに対する敬意を表した。移籍の噂が浮上する中、意外な形での残留宣言に!?

文:遠藤孝輔

※ワールドサッカーダイジェスト2017.08.17号より加筆・修正

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24