【総体】生まれ変わった星稜が面白い! あの屈辱から這い上がり、いざ反攻へ!

カテゴリ:高校・ユース・その他

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年07月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焦れずに根気よく攻め続け、終了間際に…。

土砂降りのなか、気合十分でキャプテンマークを締め直す敷田。生まれ変わった星稜の、まさにメンタルリーダーだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 石川の名門、星稜が鮮やかな逆転劇を完遂した。
 
 7月29日の全国高校総体(インターハイ)1回戦。降りしきる大雨のなか、星稜と四国学院大香川西の一戦が行なわれた。星稜は立ち上がりから後手に回り、鋭い出足とシンプルな縦への仕掛けの香川の雄に手を焼く展開。そして前半10分、あっさりと先制点を奪われてしまう。

【インターハイPHOTO】東福岡、星稜、長崎総科大附、日大藤沢らが1回戦突破!
 
 それでも、星稜は根気強く好機を探った。水分をずっしり含んだ人工芝で思うようにパスが繋がらなかったが、やたらめったらなロングボールは繰り出さず、丁寧にサイドに振ってはクロスボールを供給。徐々に、四国学院大香川西を自陣に押し込んでいった。
 
 チームの攻撃の核、高岸憲伸はこう振り返る。
 
「少しずついい流れを掴んでいった。いつ切れるのかが怖かったけど、そのまま持続できたのが大きかったですね。こういう攻撃も守備も難しい雨の日、ボックス内に入ったら攻撃側のほうが断然有利になる。なにかが起こりますから。ハーフタイムにもみんなで『どんどん勝負していこう』と言い合ってたのが、良かったんだと思います」
 
 それでも相手GK中村俊英の好守に遭い、なかなかゴールを割れなかったが、終了6分前の後半29分、ようやくこじ開ける。矢継ぎ早なサイドアタックが奏功し、敵のオウンゴールを誘ったのだ。さらにアディショナルタイム、高岸の読みが的中する。エリア内で果敢に仕掛けてPKを奪取。このプレッシャーがかかる場面で、高岸は冷静にGK中村の逆を突き、チームに歓喜の瞬間をもたらした。
 
 歴戦の智将、河﨑護監督は「よく粘ってくれたよね。いい時間を作れて、うまく攻め切れた。パスがひとにひとにとなってたんで、もっとスペースに出して、サイドで起点を作るようにと修正はしました。相手がひとに強かったのでね。まあなんとか、勝ちを拾えましたよ」と語り、胸をなでおろした。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月25日号
    1月11日発売
    J1&J2全40クラブの
    補強達成度&移籍相関図
    セレッソ優勝ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月18日発売
    創刊500号記念
    MESSIとRONALDOの10年
    最高峰に君臨しつづける
    2大クラックのライバル史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24