ミランが「今夏10人目」の補強! ビグリア獲得を正式発表

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年07月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラツィオとの交渉が長引くも最終的には合意。

ミラン移籍が決まったビグリア。3MFではアンカー、2MFではその一角を担いそうだ。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間7月16日、ミランはラツィオからアルゼンチン代表MFのルーカス・ビグリアを獲得したことを発表した。
 
 契約は2020年6月までの3年。『スカイ・イタリア』によると、年俸は350万ユーロ(約4億4800万円)、移籍金は1700万ユーロ(約21億7600万円)+ボーナス300万ユーロ(約3億8400万円)だという。
 
 現在31歳のビグリアは、2004年にアルヘンティノスでプロデビュー。インデペンディエンテ、アンデルレヒトを経て、13年にラツィオへ移籍。すぐにセントラルMFの主力に定着し、15-16シーズンからはキャプテンにも指名され、4年間で公式戦通算127試合・16得点の成績を残した。
 
 アルゼンチン代表のレギュラーにも定着したビグリアは、展開力、守備力、そして統率力を備えた今やセリエA屈指のレジスタで、ミランは今夏のトップターゲットに挙げた。選手サイドとは早めに合意したものの、ラツィオとの金銭交渉が長引いて一時は破談も噂されたが、本人のロッソネーロ行きの意思が固いこともあり、最終的には合意した。
 
 今年4月に中国資本となったミランは、ここまで空前の超大型補強を展開中。ビグリアはDFマテオ・ムサッキオ(←ビジャレアル)、DFリカルド・ロドリゲス(←ウォルフスブルク)、MFフランク・ケシエ(←アタランタ)、FWアンドレ・シルバ(←ポルト)、FWファビオ・ボリーニ(←サンダーランドから)、MFハカン・チャルハノール(←レバークーゼンから)、DFアンドレア・コンティ(←アタランタ)、GKアントニオ・ドンナルンマ(←アストラス)、DFレオナルド・ボヌッチ(←ユベントス)に続く10人目の補強となる。
 
 ビグリアを加えた中盤は、マヌエル・ロカテッリにユベントスから触手が伸びる一方、レナト・サンチェス獲得に関してバイエルンと交渉中で、まだ動きがあるかもしれない。

【2017年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    4月20日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    観戦ガイド
    初心者も上級者も楽しめる
    デイリーガイド&選手名鑑!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    3月22日発売
    ロシアW杯・出場32か国
    戦術&キープレーヤー
    完全ガイド
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月26日号
    4月12日発売
    2018年シーズン J1リーグ
    スキル別最新ランキング
    絶好調の広島&山口を大特集!
    インタビューは伊東純也が登場
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月19日発売
    「データ」で読み解く
    チャンピオンズ・リーグと夏の移籍
    欧州4強大解剖
    メガ「ポジション別・需要と供給」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24