初来日のゲッツェが明かしてくれた、カガワシンジの「意外な素顔」

カテゴリ:ワールド

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年07月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「埼玉スタジアムの雰囲気は格別だったね」。

多忙なスケジュールの合間を縫って取材対応してくれたゲッツェ。日本は初めての訪問だったが、ずいぶんと気に入ってくれたようだ。写真:田中研治

画像を見る

 ボルシア・ドルトムントきっての人気者が、『ワールドサッカーダイジェスト』の独占取材に応じてくれた。

 代謝障害でおよそ4か月間の離脱を余儀なくされ、7月15日のJリーグ・ワールドチャレンジ2017、浦和レッズ戦で待望の実戦復帰を果たした、マリオ・ゲッツェだ。


 フルインタビューは本誌でご覧いただくとして、ここでは誰もが気になるトピックのみを早出し! ハイライト版としてお伝えしよう。
 
 取材は、東京のベイエリアを見渡せる高級ホテルの一室で行なわれた。高層階から眼下に広がる景色を眺め、ため息を漏らすゲッツェ。見れば、美しい日本庭園を持つ浜離宮とウォーターフロントが、ものの見事にマッチングしている。
 
「これ! なんとも素晴らしい景色だよね。2日間でホテルの部屋のカーテンを何回も開けて見入ってたよ。いかにも日本らしい眺めだ。中国にはここ2年来てたんだけど、日本に来たのは今回が初めてでね。僕たちのことを空港で歓迎してくれて、スタジアムでもたくさんのサポーターが声援を送ってくれた。日本人の優しさに触れられて、本当に嬉しかったよ」
 
 6万の大観衆で埋まった浦和戦では、後半途中からピッチに登場。埼玉スタジアム全域でひときわ大きな歓声が上がった。3-2の激闘となった一戦を通して、対戦した「URAWA REDS」にはどんな印象を抱いたのだろうか。
 
「良い意味で驚いたよ。選手個々もチームとしても、コンディションの良さが窺えたよね。試合運びも巧いチームだなと思ったし、ドルトムントは大半の時間で懸命なプレーを求められた。先制されて「あっ」と思い、2-2に追いつかれてまた「あっ」と(笑)。タフな相手だったよ。スタジアムの雰囲気も格別でね。90分間、いろんな意味で驚かされた」

【PHOTO】浦和vsドルトムントの熱戦を厳選フォトで!

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち
【関連記事】
小柳ルミ子がスゴい! 初解説で名言連発「サッカーはただクソ真面目なだけじゃダメ!」
【浦和 2-3 ドルトムント│採点&寸評】MOMは19歳、2発の「トルコのメッシ」。遠藤航は87分まで好プレーも…
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
【黄金世代】第1回・小野伸二「なぜ私たちはこのファンタジスタに魅了されるのか」(♯1)
【黄金世代】第3回・小笠原満男「衝撃のオノシンジ」(#2)

Facebookでコメント

201806150903_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月13日発売
    これぞ最終確定版!
    ロシア・ワールドカップ
    出場23か国選手名鑑
    エントリー23人を完全網羅
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月7日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    出場全32か国
    完全選手名鑑
    グループリーグ大展望!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月21日発売
    ロシアW杯出場32か国
    全736選手のプロファイル
    &「夏の移籍」徹底展望
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24