甲府、鳥栖相手に0-0。8戦未勝利も「戦いの本質の部分見せてくれた」と指揮官

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年07月02日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

両指揮官ともに選手を讃える。

兵働は直接FKで見せ場を作ったが、ゴールはならず。ゴール前の局面の質を高めたいと課題を語った。写真:サッカーダイジェスト写真部

画像を見る

[J1リーグ17節]甲府 0-0 鳥栖/7月2日/中銀スタ

 J1リーグは7月2日、17節の残り3試合を開催。山梨中銀スタジアムでは、ヴァンフォーレ甲府対サガン鳥栖の一戦が行なわれ、0-0の引き分けに終わった。

 試合は堅守をベースとする両者らしく、球際での厳しいチェックの応酬と、互いに最終ラインを中心に身体を張ったディフェンスを見せ、0-0のまま推移していく。

 甲府は前線のウイルソンとドゥドゥを軸に時折カウンターを見せるが、鳥栖守備陣の冷静な対応に遭いゴールをこじ開けられない。一方の鳥栖も左の吉田豊と右の小林祐三という両SBの攻め上がりから中央のチョ・ドンゴンに合わせていくが、得点には至らない。前半を0-0で折り返した。

 後半に入り、52分に鳥栖は小野がクロスバー直撃のヘディングシュート。惜しいチャンスを逃してしまう。そして58分、チョ・ドンゴンに代えて前節の浦和戦を欠場している豊田を投入する。

 しかしその後は甲府がペースを握り、ウイルソンとドゥドゥを軸に攻撃を仕掛け、鳥栖を敵陣に押し込んでいく。

 それでも鳥栖は最後までゴールを守り切り、両者ゴールを奪いきれず。結局0-0のスコアレスドローで終了した。

 甲府は勝点1を積み上げ、16に伸ばしたものの、降格圏の16位・大宮アルディージャとはいまだ勝点2差と残留争いで予断を許さない。リーグ戦では8試合勝利がない(4分け4敗)状況だ。一方、鎌田移籍後初のゲームとなった鳥栖は勝点24で10位としている。

 試合後、甲府の吉田達磨監督は、「選手たちは倒れるまで走り切ったし、戦いの本質の部分は見せてくれたと思う」と選手の健闘を称え、鳥栖のフィッカデンティ監督も「やろうとしていたことはできていた中での結果。チャンスは作ったが決め切れなかった」と語り、スコアレスの結果にも内容には納得の表情を見せた。 

Facebookでコメント

201805081216_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24