「プロ意識は高いが…」長友佑都の放出をインテル新監督が否定せず

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年06月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「真面目な男」とその姿勢は称賛も…。

長友評を口にしたスパレッティ(左)。人間性は評価したものの、クラブに残すかについてはシビアに見ているようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間6月14日、インテル新監督となったルチアーノ・スパレッティが、就任会見に臨んだ。日本代表DFの長友佑都は、新指揮官からどう見られているのだろうか。
 
 2016-17シーズンが長友にとって難しい1年だったのはもはや周知の事実だ。開幕前の監督交代で混迷したチーム同様に不振に喘ぎ、ステーファノ・ピオーリ元監督が11月に就任してからはベンチ降格を余儀なくされた。
 
 ライバルのクリスティアン・アンサルディの負傷もあり、終盤戦こそチャンスを得た長友だったが、ナポリ戦(セリエA34節)で決勝点につながる致命的なミスを犯して酷評されると、その後もツイッターが炎上するなど批判の的となった。
 
 日本代表SBは一部のインテル・サポーターから厳しい言葉を浴びせられ、イタリア版『スカイ・スポーツ』には16-17シーズンのセリエAワーストイレブンに選出されてもいる。
 
 ローマを2位に導いたスパレッティを招聘したインテルは、復活が求められる来シーズンを前に、抜本的なチーム改革の必要性が叫ばれている。とくにテコ入れが必須とされているのが守備陣だ。長友の名前も放出候補リストに載っているという。
 
 では、スパレッティは実際に長友のことをどう評価しているのだろうか。インテル専門サイト『fcinternews.it』は、指揮官が「真面目な男」、「素晴らしい人間」と賛辞を寄せたと伝えた。
 
「これまで言われてきたような高いクオリティーを持ち、ハードルを乗り越えてすべてを尽くしている。すべての選手と同じように何度かミスを犯したが、そのプロ意識には誰も文句を言えないはずだ」
 
 称賛した一方でスパレッティは、「彼のポジションには複数の選手がおり、しっかり分析する必要がある」と、首脳陣と評価するとつけ加え、放出の可能性を否定しなかった。
 
 長友は2011年1月の加入以降、9人の監督も下でプレー。そのなかで最終的にはほぼ常に信頼を勝ち取ってきたと言っても過言ではない。しかし、チームに残れなければ、それらも無意味になってしまうだろう。
 
 イタリアで8年目の夏、背番号55は愛するインテルに留まることができるのか――。それとも、30歳を迎え結婚もした長友は、新たなキャリアを選ぶのだろうか。

「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
 

Facebookでコメント

201805081216_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24